南アフリカで初めて大麻企業が上場へ

南アフリカで初めて大麻企業が上場へ

/

南アフリカで唯一の大麻栽培、加工、包装のライセンスを保持している企業サイロサイビン社(Cilo Cybin)が初めてヨハネスブルグ証券取引所(JSE)に上場する大麻企業となることが分かりました。(南アフリカの上場企業であるLabat社とNutritional Holdings社の2社も大麻事業を始めています)

Cilo-Cybin-CEO-Gabriel-Theron
サイロサイビン社CEOガブリエル・セロン(写真: Business Insider SA/Ntando Thukwana)

当初サイロサイビン社は2022年8月の上場を目指していましたが、CEOであるガブリエル・セロン(Gabriel Theron)氏が今週の記者会見で4~6ヵ月以内に上場することを確信していると述べたことをBusiness Insider SAが10月12日に報じています。

3cd2114997f14ec48ef74fa794d5bb24
サイロサイビン社は、今年12月までに大麻オイルとベイプ製品を小売店で販売開始を予定しています。(写真: Business Insider SA/Ntando Thukwana)

また、サイロサイビン社はマジックマッシュルームの成分にちなんで名付けられた企業ですが、大麻合法化のようにサイケデリクス(幻覚剤)にも同様の変化が起こると考えており、マジックマッシュルームの成分シロシビンの研究許可を申請しています。

「サイケデリクスは、抗うつ、PTSD、不安などに使用できます。私は、サイケデリクスは大麻よりもはるかに大きな存在になると考えています」とCEOのセロン氏はHPで述べています。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外の大麻企業に投資家として関わる。会社を売却し標高1,000mの山の中で井戸を掘り、湧き水と共に家族で農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

Recent Articles

CBDの抗てんかん作用に腸内細菌が関与か

大麻に含まれる成分CBDは抗てんかん作用を有することで知られており、この成分を高濃度に含有した医薬品「エピディオレックス」による治験が日本でも行われようとしています。ですが、CBDに...

THCAとは?

THCA(テトラヒドロカンナビノール酸)はTHCの前駆体となる酸性カンナビノイドです。THCAを熱・高温・光などにより脱炭酸させると、中性カンナビノイドであるTHCに変換されます。 そのた...