南アフリカ国民議会、大麻の個人使用を合法化する法案を可決

南アフリカ国民議会、大麻の個人使用を合法化する法案を可決

/

11月14日、南アフリカ共和国の国民議会は個人使用目的での大麻の使用・栽培を合法化する法案を承認。同法案は今後、全国州評議会で審議が行なわれます。

南アフリカでは2018年、憲法裁判所が「成人が個人消費するために大麻を使用したり所持したりすることは、刑事罰の対象とはならない」と歴史的な判決を下したことで、大麻の個人使用・栽培が非犯罪化。

2020年には「私用目的の大麻法(Cannabis for Private Purposes Bill)」が提出され、その後およそ3年間に渡り修正と審議が繰り返されてきました。

南アフリカの議会は国民議会と全国州評議会の二院制で成り立っており、法案は通常、まず国民議会にて審議が行なわれます。

国民議会の審議では、アフリカ民族会議 (ANC)、民主同盟(DA)、インカタ自由党(IFP)、経済的解放の闘士(EFF)、国民前進党(NFP)、アフリカ人大会(PAC)が法案を支持。一方、右派政党である自由戦線プラス(FF+)、アフリカキリスト教民主党(ACDP)は反対の立場を取りました。

法案では、18歳以上の成人による大麻の個人使用と栽培が合法化されます。大麻の販売は認められず、これには別途法案を成立させる必要があります。

つまり、同法で南アフリカ国民が合法的に大麻を入手する方法は、自家栽培のみに限定されます。

4月の修正案では600gまでの乾燥大麻の所持や4株までの大麻の栽培が可能とされていましたが、今回の法案では所持可能な大麻の量について明記されていません。

これについては今後、司法・矯正サービス大臣であるロナルド・ラモラ(Ronald Lamola)氏が作成する規則により決定される予定。作成された規則は国会に提出され、承認される必要があります。

他にも「私用目的の大麻法」では、大麻の所持、使用、売買による犯罪記録の抹消についても規定されてます。

また、すでに南アフリカでは限定的な形で医療用大麻が合法化されていますが、法案ではこれについて特に変更はなされませんでした。

法案は今後、全国州評議会で審議が行なわれる予定です。

南アフリカ政府は投資戦略において、人々の権利を尊重し、投資、雇用創出、持続可能な農村生活の支援を確保する重要な可能性を有する14の優先セクターの1つに、「大麻・ヘンプ部門」を挙げています。

私用目的の大麻法を担当している部門「司法・矯正サービスにおけるポートフォリオ委員会」は、今後同法が「商業目的の大麻規制に取り組むための法整備の第一歩として、道を切り開くことを期待している」と述べています

なお、大麻の個人使用について具体的な規制がない中、南アフリカ警察(SAPS)は8月、国内の警察官に対し、個人使用目的での大麻の所持・栽培で国民を逮捕しないことを明確にする指令を出しました

The Citizen「High alert: National Assembly finally gives Cannabis Bill the green light」https://www.citizen.co.za/news/national-assembly-adopts-cannabis-private-purposes-use-bill-what-to-know-latest-14-november-2023/

IOL「Private use cannabis bill to be considered by National Assembly」https://www.iol.co.za/news/south-africa/private-use-cannabis-bill-to-be-considered-by-national-assembly-721abb0b-bda4-433a-afd0-5c4e2ac5fd29

Cannabiz Africa「National Assembly Passes Cannabis Bill into Law, No Plant Limits」https://www.cannabiz-africa.com/news-4/national-assembly-passes-cannabis-bill-into-law%2C-no-plant-limits

Ganjapreneur「South Africa National Assembly Approves Bill to Legalize Personal Cannabis Use」https://www.ganjapreneur.com/south-africa-national-assembly-approves-bill-to-legalize-personal-cannabis-use/

廣橋 大

麻マガジンライター。看護師国家資格保有者。2021年より大麻の情報発信に携わる。

Recent Articles

大麻成分CBDが月経関連症状を緩和

大麻成分CBDの摂取により、月経関連症状に悩む女性の諸症状が緩和されたことが報告されました。論文は「Experimental and Clinical Psychopharmacology」に掲載されています。月経(生...