NZの医療大麻会社カンナサウス社は2022年から輸出開始を目指す

/

NZX(ニュージーランド証券取引所)に上場している医療大麻会社カンナサウス(Cannasouth)社は、ワイカト州にある栽培施設の試運転を終えて、2022年の始めから医薬品グレードの大麻の花の輸出を開始する見込みです。

パートナー会社であるカンナサウスカルチベーション(Cannasouth Cultivation)社は、2021年12月に最初の商業用の収穫を見込んでおり、今週開催された同社の年次総会で、CEOのマーク・ルーカスは投資家に対して、説明を行い、次のように述べました。

「この施設では、毎年1,800kgの医薬品グレードの大麻の花を生産し、需要に応じて生産量を4倍まで拡大することができる。」

「現在、高品質の医薬品用の大麻の花の卸売価格は、カンナビノイドの含有量、品質基準、市場に応じて、1kgあたり3,500~10,000NZドルの範囲となっており、市場価格を1kgあたり4,500ドルとすると、当社栽培施設の第1段階では、年間約800万ドルの収益が見込めることになります。」

「当社の革新的な施設設計によって、競争力の高い価格で生産されたプレミアムフラワーができ、また、屋内栽培に比べて二酸化炭素排出量を大幅に削減することができます。」

カンナサウス社は、GACP(Good Agricultural Collection Practices)及び、GMP(Good Manufacturing Practice)に準拠した施設での生産によって、高成長・高価値の輸出市場へのアクセスが可能になると考えています。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外の大麻企業に投資家として関わる。会社を売却し標高1,000mの山の中で井戸を掘り、湧き水と共に家族で農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

Recent Articles

CBDの抗てんかん作用に腸内細菌が関与か

大麻に含まれる成分CBDは抗てんかん作用を有することで知られており、この成分を高濃度に含有した医薬品「エピディオレックス」による治験が日本でも行われようとしています。ですが、CBDに...

THCAとは?

THCA(テトラヒドロカンナビノール酸)はTHCの前駆体となる酸性カンナビノイドです。THCAを熱・高温・光などにより脱炭酸させると、中性カンナビノイドであるTHCに変換されます。 そのた...