ニューヨーク州の新知事、嗜好用大麻の販売解禁は最優先事項と宣言

ニューヨーク州の新知事、嗜好用大麻の販売解禁は最優先事項と宣言

/

ニューヨーク州では、不祥事を起こし前知事のアンドリュー・クオモ氏が辞任。

後任として副知事をしていたキャシー・ホーチュル氏が8月24日付けで新知事に就任し、ニューヨーク州史上初の女性知事となりました。

Embed from Getty Images

ニューヨーク州新知事に就任したキャシー・ホーチュル(Kathy Hochul)氏

ニューヨーク州では今年3月に嗜好用大麻を合法化。

しかし、クオモ前知事は州議会上院と対立し、栽培、加工、流通、販売のルールやライセンス内容を決定するために必要な人事である大麻管理局の局長の指名や大麻管理委員会の委員の指名をしていませんでした。

ホーチュル知事は、クオモ氏が失敗している部分を補いニューヨーク州の嗜好用大麻の合法販売市場を立ち上げることを約束。

ニューヨーク州での嗜好用大麻の合法販売を軌道に乗せることは最優先事項であると宣言しました。

石井 竜馬

海外の大麻企業(栽培・加工・販売免許を保持して6年目)に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴19年。

↓ おひねりお待ちしてます。

コメントする

Your email address will not be published.

Recent Articles

Uber EatsでTokyo Smokeの大麻の注文が可能に

Uber Eatsは、カナダのオンタリオ州で大麻の注文を受けることをプレスリリースで発表しました。「cannabis」という新たなセクションを設け、Tokyo Smokeの商品を11月22日(月)より掲載し...