米ニューヨーク州、大麻の法案を通じてセクシャルマイノリティの人々を守る

米ニューヨーク州、大麻の法案を通じてセクシャルマイノリティの人々を守る

/

米ニューヨーク州は今年3月に「大麻規制・課税法」を可決し、嗜好用大麻を合法化。現在21歳以上の成人は3オンス(約85グラム)までの大麻、24グラムの濃縮大麻の所持が認められていますが州内での販売プログラムは始まっていません。

ニューヨーク州では販売プログラムのライセンス付与に関して、法案の中でも社会的・経済的公平性についての計画が記載されています。

具体的には、大麻禁止時代に人種差別的に不当に取り締まりを受けたコミュニティや女性が経営する企業などに優先的に大麻ライセンスを付与するとしています。

しかし、この女性という文言がトランスジェンダーやノンバイナリーの人々にライセンス取得と自身の性自認との間で優先順位の選択を迫るという、意図しない不必要な複雑さをもたらしていると主張し、ニューヨーク州議会上院のジェレミー・クーニー(Jeremy Cooney)議員は、特定の個人の性別のアイデンティティーを守るための法案「S7517」を提出しました。

トランスジェンダーとは

身体と心の性が一致していないセクシャリティのこと。

ノンバイナリー(non-binary)とは

「男性」「女性」の二択で性別を分類するジェンダーバイナリー(gender binary)に対し、「男性」「女性」の二択という男女二元論の枠組みに捉われないセクシャリティのこと。

法案を提出したジェレミー・クーニー議員は「すべてのニューヨーカーは、自分の性別を自由に表現し、識別する権利があります。大麻規制・課税法の社会的公平性は、大麻産業の経済的機会を通じて歴史的に疎外されてきた人々を向上させることを目的としており、この法案はその努力を促進するものです。」と述べています。

この法案は、11月12日(金)に提出され、上院規則委員会で現在審議されています。

私たちの使命
大麻に関する誤って植え付けられた知識を正し、救われるべき人が救われる社会にする

━━━━━━━━━━

私たちのビジョン
日本国内で公共的な大麻メディアサイトとなる

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外のヘンプ企業・医療用大麻企業に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

↓ おひねりお待ちしてます。

Recent Articles

大麻成分CBDA、肥満症に対し有効性を示す

2022年5月17日、CBDA(カンナビジオール酸)が肥満症に対し有効性を示した論文が、イスラエルの研究者らにより公開されました。 近年、世界的に欧米食中心の食生活が広まり、加えて技術進...

CBDが新型コロナ重症化を早期から抑制か

2022年5月16日、CBD(カンナビジオール)を主成分とした大麻抽出物「CBD-X(詳しくは後述)」が新型コロナウイルス感染による重症化を早期から抑制する可能性を示した論文がイスラエルの研...

光線力学的療法(PDT)とCBD

日本人の死因の第一位となっている、がん。 がんの主な治療は手術、化学療法、放射線療法ですが、これらの標準治療には侵襲や副作用がついて回り、高齢者では治療を受けるのが難しい場合があ...