NBA選手、大麻産業における投資や宣伝が可能に

NBA選手、大麻産業への投資や宣伝が可能に

4月1日、NBAとNBA選手労働組合(NBPA)は大麻を禁止薬物リストから除外し、大麻検査を中止することを成文化した労働協約に合意

この7年間の新たな契約では、NBA選手による大麻企業への投資・宣伝も認められることが新たに明らかとなりました。

これらの情報は、スポーツメディア「The Athletic」と「Stadium」の有力NBAインサイダーであるシャムズ・チャラニア(Shams Charania)氏によって提供されたもの。チャラニア氏は4月2日、「リーグの新しい労働協約では、選手はNBAとWNBAのチームに投資できるだけでなく、スポーツベッティングや大麻企業の宣伝及び投資ができるようになります」とツイートしています。

これにより、資金調達に苦しむ大麻企業に新たな希望をもたらすことにもなります。

デューク大学スポーツ法・政策センターの共同責任者であるポール・ハーゲン(Paul Haagen)氏は、これまでのNBAの薬物政策は、バスケットボール選手が嗜好目的で大麻を乱用するという世間の認識に対抗するために設けられたものだと語ります。

ハーゲン氏はMJBizDailyに対するメールで、「噂が本当で、新たな労働協約により大麻が禁止物質リストから削除されるなら、大麻に対する世間の態度が十分に変わり、もはや大麻をめぐって選手と対立を続けるほどの問題ではないとリーグが確信していることになるでしょう」と返答。また、大麻の禁止政策は一部のコミュニティで有色人種に不釣り合いな影響を与えていることから、「NBAには特に、このような取り組み(大麻の禁止政策)に参加しないと決断する強い理由がある」と述べています。

なお、FIBAバスケットボールワールドカップ2023のグローバル・アンバサダーに就任したカーメロ・アンソニー(Carmelo Anthony)選手は、2021年の時点で、ロサンゼルスに拠点を置く大麻企業「ルネ(LEUNE)」に出資しています。

また、NBA選手の中には引退後、大麻産業に参入している人々もいます。

・アル・ハリントン(Al Harrington)
2015年に引退。その後、カリフォルニア州・ロサンゼルスに拠点を置く「ヴィオラ・ブランズ(Viola Brands)」の共同創業者に。

・クリス・ウェバー(Chris Webber)
2008年に引退。2021年に殿堂入り。
2021年8月、ミシガン州・デトロイトにて大麻ブランド「プレイヤーズ・オンリー・ホールディングス(Players Only Holdings)」の設立を発表。

・ショーン・ケンプ(Shawn Kemp)
2003年に引退。6年連続でオールスター選手として選抜された経歴を持つ。
2020年にワシントン州・シアトルにて大麻ショップ「ショーン・ケンプ・カンナビス(Shawn Kemp’s Cannabis)」をオープン。

・ベン・ウォーレス(Ben Wallace)
2012年に引退。2021年に殿堂入り。
2021年、大麻企業「Rair」と独占ライセンス契約を結び、ブランド展開していくことを発表

2022年に米国公共ラジオ放送(NPR)に出演したハリントン氏は、大麻とスポーツとの関係性について「スポーツには間違いなく癒やす力があります」「大麻草でも同じことを思います。大麻草は自然の癒しであり、コミュニティを育むものであると本当に感じます」と発言。この放送の中で、ハリントン氏は大麻のスティグマについても語り、麻薬戦争によって不当な影響を受けた有色人種が起業家になることをサポートしたいという考えを明かしています。

2021年、現在フェニックス・サンズに所属するNBAの名選手ケビン・デュラント(Kevin Durant)氏は、大麻業界のテクノロジー企業「ウィードマップス(Weedmaps)」とパートナーシップを締結。このパートナーシップは、「アスリートの健康と回復」に対する大麻の潜在的価値を紹介し、大麻のイメージを向上させることを目的としています。

デュラント氏はNetFlixの番組「デヴィッド・レターマン: 今日のゲストは大スター」に出演し、「私にとって、それ(大麻)は脳から雑念を少し取り除き、落ち着かせるものです」「ワインを飲んでいるようなものですよ」とも発言しています。

NBAで大麻に対する新たな動きがみられる一方、MLB(メジャーリーグベースボール)は2022年に、著名なCBD企業の1つ「シャーロッツ・ウェブ(Charlotte’s Web)」とスポンサー契約を結んでいます。

Marijuana Moment「NBA Will Let Players Invest In Marijuana Industry And Promote Cannabis Brands Under New Union Deal, According To Report」https://www.marijuanamoment.net/nba-will-let-players-invest-in-marijuana-industry-and-promote-cannabis-brands-under-new-union-deal-according-to-report/

MJBizDaily「NBA to allow players to promote, invest in and consume Cannabis」https://mjbizdaily.com/nba-to-allow-players-to-promote-invest-in-and-consume-cannabis/

NPR「Former NBA player Al Harrington on overcoming stigma and building a cannabis company」https://www.npr.org/2022/06/13/1104660538/al-harrington-on-the-cannabis-opportunity

PR Newswire「NBA Hall of Famer Chris Webber Breaks Ground on Players Only Holdings, a $50 Million-Dollar Cannabis Facility in Detroit」https://www.prnewswire.com/news-releases/nba-hall-of-famer-chris-webber-breaks-ground-on-players-only-holdings-a-50-million-dollar-cannabis-facility-in-detroit-301386785.html

CNBC「NBA stars John Wall, Carmelo Anthony invest in cannabis company LEUNE」https://www.cnbc.com/2021/04/15/nba-stars-john-wall-carmelo-anthony-invest-in-cannabis-company-leune-.html

King5 News「Sonics star Shawn Kemp opens cannabis store in Seattle」https://www.king5.com/article/news/basketball-star-supersonics-shawn-kemp-opens-cannabis-store-in-seattle/281-9a45e5b1-f4e5-419e-91d3-dff5e4df366d

MJBizDaily「Charlotte’s Web picked as first CBD sponsor of Major League Baseball」https://mjbizdaily.com/charlottes-web-picked-as-cbd-sponsor-of-major-league-baseball/

廣橋 大

麻マガジンライター。看護師国家資格保有者。2021年より大麻の情報発信に携わる。

Recent Articles

大麻成分CBDが月経関連症状を緩和

大麻成分CBDの摂取により、月経関連症状に悩む女性の諸症状が緩和されたことが報告されました。論文は「Experimental and Clinical Psychopharmacology」に掲載されています。月経(生...