イタリアの裁判所がヘンプ(産業用大麻)の部位規制を無効とする判決を下す

イタリアの裁判所がヘンプ(産業用大麻)の部位規制を無効とする判決を下す

/

イタリアでは、ヘンプの生産を種子と繊維のために限定するという法規制が存在しています。

しかし、大麻の花をくだいたり、吸ったり、食べたりしてはいけませんという内容の注意書きをパッケージに添えて、法律の抜け穴を利用して観賞用大麻「カンナビスライト」という名称でヘンプのフラワーが販売され人気を博すなどしています。

そんなイタリアにおいてヘンプの法規制に変化がありました。

イタリアの首都ローマを有するラツィオ州の地方行政裁判所がヘンプの生産を種子と繊維に限定している法令を無効とする判決を2月14日に下し、裁判を起こしていた大麻業界団体の訴えを支持。

裁判所は「このような制限的措置は、科学的データに基づいて正当化され、禁止物質と関連する健康へのリスクに比例しなければならない」と強調し、「これらのリスクは実際に摂取されるTHCの量に依存するため、利用可能な科学的データによって、THC含有量0.3%未満の品種の大麻(ヘンプ)の葉や花の消費は、その販売を一般的かつ絶対に禁止することを正当化するほど公衆衛生に対するリスクをもたらさないという結論に至らなければならない」とし、「大麻の用途を特定の部位に限定することはできない」と結論付け、法規制を再検討するよう行政当局に要請しました。

また、判決にあたり裁判所は「フランスが花と葉のCBDを禁止する法改正を撤廃したこと」と「CBD製品に麻薬性はなくEU全域で販売可能であるとした欧州司法裁判所の判決」を明示的に引用しました。

これにより、ヘンプが薬草として販売されること、喫煙用として販売されることなどを防いでいた規制は失効することとなります。

国連の機関である国連貿易開発会議(UNCTAD)は昨年、ヘンプに関する特別報告書を発表し、報告書内で「植物の全ての部位の利用に基づく植物全体のアプローチが、あらゆる分野の開発戦略の中核となるべきである」と述べています。

Canapa Industriale「Canapa e officinali: decreto annullato, una vittoria dal basso che libera l’uso di tutta la pianta」https://www.canapaindustriale.it/2023/02/14/canapa-e-officinali-decreto-annullato-una-vittoria-dal-basso-che-libera-luso-di-tutta-la-pianta/

Canapa Industriale「I prodotti a base di CBD non sono stupefacenti e possono essere commercializzati in tutta l’UE」https://www.canapaindustriale.it/2020/11/19/i-prodotti-a-base-di-cbd-non-sono-stupefacenti-e-possono-essere-commercializzati-in-tutta-lue/

Great Italian Food Trade「Fiori e foglie di canapa, via libera in Francia e in Italia」https://www.greatitalianfoodtrade.it/progresso/fiori-e-foglie-di-canapa-via-libera-in-francia-e-in-italia/

Newsweed「Feu vert juridique pour la vente de fleurs de chanvre en Italie」https://www.newsweed.fr/feu-vert-vente-fleurs-chanvre-italie/

Giacomo Bulleri’s Linkedin「BREAKING NEWS FROM ITALY」https://www.linkedin.com/feed/update/urn:li:activity:7031300323440771072/

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。標高1,000mの山の中で井戸を掘り、湧き水と共に家族で農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。ワクワクするスタートアップにシードからレイターまで投資ラウンド問わず投資したいため、起業家との出会い募集中。

Recent Articles

米国医師会、違法薬物の非犯罪化を支持

現地時間6月12日、米国医師会(AMA)はシカゴで開催された年次総会において、違法薬物の非犯罪化を正式に支持する決議案を採択しました。 米国医師会は世界で最も権威ある医学会の1つであり、...

THC使用が終末期患者の生存期間延長と関連

ドイツの終末期患者のデータを分析した結果、THC治療を受けていた患者ではそれ以外の患者よりも生存期間が長かったことが明らかにされました。論文は「Medical Cannabis and Cannabinoids」...

南アフリカ、嗜好用大麻を合法化

現地時間5月28日、南アフリカ共和国のシリル・ラマポーザ(Cyril Ramaphosa)大統領は個人使用目的での大麻の所持・栽培を認める「私用目的の大麻法(Cannabis for Private Purposes Bill)」に...