ランボルギーニがCBD業界に進出

ランボルギーニがCBD業界に進出

//

「ランボルギーニ(Lamborghini)」は、イタリアの高級自動車、スポーツカーブランドとして有名ですが、ライフスタイルブランドとして紳士服、サングラス、スーツケースなどのブランド展開や不動産事業も行っています。

北米で大麻栽培から販売までを一貫して行うフローラ・グロース(Flora Growth)社とトニーノ・ランボルギーニ(Tonino Lamborghini)社がライセンス契約を結び、北米とコロンビアでランボルギーニCBD飲料を2022年からオンラインと実店舗の両方で販売開始することを11月29日にプレスリリースで発表しました。

フローラ・グロース社のCEOルイス・メルシャン(Luis Merchan)氏は「ランボルギーニのような有名な高級ブランドと提携できることを嬉しく思います。このパートナーシップは、世界的なブランドハウスを構築するというフローラ社の戦略的計画を実行するための新たなステップであり、収益性の高い米国市場における販売・流通戦略の重要な要素でもあります。」と述べています。

トニーノ・ランボルギーニ社のCEOフェルッツィオ・ランボルギーニ(Ferruccio Lamborghini)氏は「フローラ社と一緒に、現代の消費者のウェルビーイングのために新しく革新的な製品と体験を生み出すことを目指しています。私たちのブランド飲料は、ストレスの多い時期や日常の何気ない生活の中で、人々が落ち着きや冷静さを得られるように研究されています。」と述べています。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外の大麻企業に投資家として関わる。会社を売却し標高1,000mの山の中で井戸を掘り、湧き水と共に家族で農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

Recent Articles

香港でCBD起業家の逮捕が始まる

中華人民共和国国務院(State Council of the People’s Republic of China)が9月19日に公開したプレスリリースによると、香港特別行政区の行政長官であるジョン・リー(李家超)氏がCBDにつ...