FBIが捜査官の大麻使用に関する雇用規定を緩和

/

FBI(Federal Bureau of Investigation:連邦捜査局は、捜査官志望者の大麻使用に関する雇用規定を緩和しました。

合法化を進める米国の州が増え続ける中で、大麻合法化運動がアメリカ連邦政府にも影響を与えていることを示す最新の兆候の一つです。

FBIが新しく更新したサイトの求人情報によると、「捜査官候補者は、採用申請日1年以内に、国内国外いかなる場所でも、天然・合成を問わず、大麻を使用してはならない」とされています。

今回の変更があるまでは、過去3年以内に大麻を使用していないことが条件となっていました。

更に「捜査官候補者が18歳の誕生日を迎える前に大麻を使用していても、FBIの雇用には不適格ではない 。ただし、審査担当者は、全人格的な概念を用いて候補者を評価する。」という事項も追加されています。

今回の大麻使用に関する雇用規定の方針変更についてFBIは正式な発表をしていませんが、FBIシカゴ支局が本日Twitterに投稿したツイートの中で言及されています。

 

(FBIシカゴ支局ツイートの翻訳)
FBIは、薬物のない社会と職場を目指しています。採用及び薬物に関する方針を常に見直すことで、最も優秀な候補者を継続的に採用しています。大麻ポリシーの最近の変更が、候補者としてのあなたに影響するかどうかについてはこちらをご覧ください。:ow.ly/dUIY50Fr3HL

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外の大麻企業に投資家として関わる。会社を売却し標高1,000mの山の中で井戸を掘り、湧き水と共に家族で農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

Recent Articles

CBDの抗てんかん作用に腸内細菌が関与か

大麻に含まれる成分CBDは抗てんかん作用を有することで知られており、この成分を高濃度に含有した医薬品「エピディオレックス」による治験が日本でも行われようとしています。ですが、CBDに...

THCAとは?

THCA(テトラヒドロカンナビノール酸)はTHCの前駆体となる酸性カンナビノイドです。THCAを熱・高温・光などにより脱炭酸させると、中性カンナビノイドであるTHCに変換されます。 そのた...