FBIが捜査官の大麻使用に関する雇用規定を緩和

/

FBI(Federal Bureau of Investigation:連邦捜査局は、捜査官志望者の大麻使用に関する雇用規定を緩和しました。

合法化を進める米国の州が増え続ける中で、大麻合法化運動がアメリカ連邦政府にも影響を与えていることを示す最新の兆候の一つです。

FBIが新しく更新したサイトの求人情報によると、「捜査官候補者は、採用申請日1年以内に、国内国外いかなる場所でも、天然・合成を問わず、大麻を使用してはならない」とされています。

今回の変更があるまでは、過去3年以内に大麻を使用していないことが条件となっていました。

更に「捜査官候補者が18歳の誕生日を迎える前に大麻を使用していても、FBIの雇用には不適格ではない 。ただし、審査担当者は、全人格的な概念を用いて候補者を評価する。」という事項も追加されています。

今回の大麻使用に関する雇用規定の方針変更についてFBIは正式な発表をしていませんが、FBIシカゴ支局が本日Twitterに投稿したツイートの中で言及されています。

 

(FBIシカゴ支局ツイートの翻訳)
FBIは、薬物のない社会と職場を目指しています。採用及び薬物に関する方針を常に見直すことで、最も優秀な候補者を継続的に採用しています。大麻ポリシーの最近の変更が、候補者としてのあなたに影響するかどうかについてはこちらをご覧ください。:ow.ly/dUIY50Fr3HL

石井 竜馬

海外の大麻企業(栽培・加工・販売免許を保持して6年目)に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴19年。

↓ おひねりお待ちしてます。

コメントする

Your email address will not be published.

Recent Articles

大麻の税収はアルコールの税収を超える

現在米国では18州が嗜好用大麻を合法化していますが、国際的な金融グループ「バークレイズ(Barclays)」のストラテジスト(投資戦略専門家)によると2020年に170億ドル(約1兆9,200億円)を...

WHOがクラトムの国際的禁止勧告を終了

東南アジア原産のコーヒー科の植物である「クラトム(Kratom)(日本での省令名:ミトラガイナ・スペシオーサ)」について、解禁派・規制派で論争が起こっていました。 処方箋オピオイドに代...

麻布学園と大麻

全国に数多くある私立中高一貫校の中で、戦後の中高一貫校1期生から70年以上連続で東大合格者数トップ10から一度ももれたことのない学校が1校だけ存在します。 それは、東京都港区に位置する超進...