5-MeO-DMT構造
5-MeO-DMTの構造

イギリス企業、シロシビンやDMTの医薬品開発のため87億円の資金調達を完了

/

英国オックスフォードに拠点を置くベックリーサイテック社(Beckley Psytech)は、サイケデリック医薬品の開発のために8,000万ドル(約87億円)の資金調達を完了したことを8月15日発表しました。

ベックリーサイテック社は、欧米で45,000人が罹患しているとされる頭痛疾患「短時間持続性片側神経痛様頭痛発作(SUNHA)」の患者を対象として現在行っているシロシビンの試験を完了するため、治療抵抗性うつ病を対象とした5-MeO-DMTの投与による試験を開始するために今回の資金を使用します。

当初は資金調達額を5,000万ドルに設定していましたが、幻覚剤とも呼ばれるサイケデリック医薬品の研究開発支援への投資家からの圧倒的な関心と支持を受け8,000万ドルに増額されました。

今回の資金調達は、ヘルスケアに特化し世界中の健康と福祉を変革する企業や起業家とパイプのあるベンチャーキャピタルIntegrated社がリードして行い、画期的な科学分野のベンチャー企業に資金提供するPrime Movers Labs、ボストンを拠点とする機関投資家のAdage Capital Management LP、Palo SantoDelphi VCLeafy TunnelNegev Capital、既存の投資家であるBicycle Day Venturesが参加しています。

シロシビンを用いた臨床研究では、治療抵抗性のうつ病と闘う大きな可能性が示されています。しかし、シロシビンの場合は処方に5〜8時間かかるのに対し、5-MeO-DMTの場合は1時間で済むため、治療にかかるコストの大幅な削減が期待できます。5-MeO-DMTは、ヒキガエルの体から分泌される物質として知られています。

 

businesswireでお読みになる場合はこちら
https://www.businesswire.com/news/home/20210815005009/en/

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外のヘンプ企業・医療用大麻企業に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

↓ おひねりお待ちしてます。

Recent Articles

大麻成分CBDA、肥満症に対し有効性を示す

2022年5月17日、CBDA(カンナビジオール酸)が肥満症に対し有効性を示した論文が、イスラエルの研究者らにより公開されました。 近年、世界的に欧米食中心の食生活が広まり、加えて技術進...

CBDが新型コロナ重症化を早期から抑制か

2022年5月16日、CBD(カンナビジオール)を主成分とした大麻抽出物「CBD-X(詳しくは後述)」が新型コロナウイルス感染による重症化を早期から抑制する可能性を示した論文がイスラエルの研...

光線力学的療法(PDT)とCBD

日本人の死因の第一位となっている、がん。 がんの主な治療は手術、化学療法、放射線療法ですが、これらの標準治療には侵襲や副作用がついて回り、高齢者では治療を受けるのが難しい場合があ...