アルゼンチンの国家安全保障大臣がラジオで大麻合法化賛成を表明

アルゼンチンの国家安全保障大臣がラジオで大麻合法化賛成を表明

/

アルゼンチン政府のアニバル・フェルナンデス(Aníbal Fernández)国家安全保障大臣は9月29日、Futuröck FMに出演。

そのラジオの中で、嗜好用大麻合法化に賛成であることを表明しました。

世界初の嗜好用大麻を含めた合法化に踏み切った隣国ウルグアイを例に出し「ウルグアイの例は非常に参考になり、生々しく感じます。いつかアルゼンチンでも大麻が合法化され、栽培できるようになると考えられます。」と述べました。

フェルナンデス大臣は「栽培が禁止されている法律がある」と強調し、この法律に「逆らうことはできない」としながらも、「大麻消費者を止める目的で努力しないように真剣に取り組む」と断言しました。

アルゼンチンの嗜好用大麻の法律

アルゼンチンでは嗜好用大麻の栽培、販売、所持を違法としています。

しかし、2009年にアルゼンチンの最高裁判所は、少量のマリファナを所持していたところを逮捕された5人の判決(アリオラ判決と呼ばれている)で「公序良俗に反したり、第三者を傷つけたりすることのない人間の私的行為は、神によって許され、裁判官の権限から除外される。個人的な薬物使用を罰することは、国の憲法第19条に反するとして「大麻取締法は違憲」である」と判断。

しかし、2009年の最高裁での判決後、法律が改正されることはありませんでした。そのため、法律では違法としながらも実際の運用は非犯罪化という状態です。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。標高1,000mの山の中で井戸を掘り、湧き水と共に家族で農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。ワクワクするスタートアップにシードからレイターまで投資ラウンド問わず投資したいため、起業家との出会い募集中。

Recent Articles

米国医師会、違法薬物の非犯罪化を支持

現地時間6月12日、米国医師会(AMA)はシカゴで開催された年次総会において、違法薬物の非犯罪化を正式に支持する決議案を採択しました。 米国医師会は世界で最も権威ある医学会の1つであり、...

THC使用が終末期患者の生存期間延長と関連

ドイツの終末期患者のデータを分析した結果、THC治療を受けていた患者ではそれ以外の患者よりも生存期間が長かったことが明らかにされました。論文は「Medical Cannabis and Cannabinoids」...

南アフリカ、嗜好用大麻を合法化

現地時間5月28日、南アフリカ共和国のシリル・ラマポーザ(Cyril Ramaphosa)大統領は個人使用目的での大麻の所持・栽培を認める「私用目的の大麻法(Cannabis for Private Purposes Bill)」に...