アルゼンチンの国家安全保障大臣がラジオで大麻合法化賛成を表明

アルゼンチンの国家安全保障大臣がラジオで大麻合法化賛成を表明

/

アルゼンチン政府のアニバル・フェルナンデス(Aníbal Fernández)国家安全保障大臣は9月29日、Futuröck FMに出演。

そのラジオの中で、嗜好用大麻合法化に賛成であることを表明しました。

世界初の嗜好用大麻を含めた合法化に踏み切った隣国ウルグアイを例に出し「ウルグアイの例は非常に参考になり、生々しく感じます。いつかアルゼンチンでも大麻が合法化され、栽培できるようになると考えられます。」と述べました。

フェルナンデス大臣は「栽培が禁止されている法律がある」と強調し、この法律に「逆らうことはできない」としながらも、「大麻消費者を止める目的で努力しないように真剣に取り組む」と断言しました。

アルゼンチンの嗜好用大麻の法律

アルゼンチンでは嗜好用大麻の栽培、販売、所持を違法としています。

しかし、2009年にアルゼンチンの最高裁判所は、少量のマリファナを所持していたところを逮捕された5人の判決(アリオラ判決と呼ばれている)で「公序良俗に反したり、第三者を傷つけたりすることのない人間の私的行為は、神によって許され、裁判官の権限から除外される。個人的な薬物使用を罰することは、国の憲法第19条に反するとして「大麻取締法は違憲」である」と判断。

しかし、2009年の最高裁での判決後、法律が改正されることはありませんでした。そのため、法律では違法としながらも実際の運用は非犯罪化という状態です。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外の大麻企業に投資家として関わる。会社を売却し標高1,000mの山の中で井戸を掘り、湧き水と共に家族で農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

Recent Articles

CBDの抗てんかん作用に腸内細菌が関与か

大麻に含まれる成分CBDは抗てんかん作用を有することで知られており、この成分を高濃度に含有した医薬品「エピディオレックス」による治験が日本でも行われようとしています。ですが、CBDに...

THCAとは?

THCA(テトラヒドロカンナビノール酸)はTHCの前駆体となる酸性カンナビノイドです。THCAを熱・高温・光などにより脱炭酸させると、中性カンナビノイドであるTHCに変換されます。 そのた...

CBDVとは?

CBDV(カンナビジバリン)は1969年に初めて単離されたカンナビノイドで、天然の大麻草に少量しか含まれていない「マイナーカンナビノイド」に該当します。 CBDVの発見は50年以上も前ですが...

不安

「明日のプレゼンうまくいくかな」 「本番で失敗しないかな」 日常生活や仕事の様々な場面において、私たちは不安を感じる瞬間があります。 基本的に不安によって生活に支障が出ることはありませ...