ティルレイ社、ドイツで栽培した医療用大麻の初収穫と配送に成功

/

ティルレイ社(Tilray, Inc. (NASDAQ | TSX : TLRY)は、完全子会社であるドイツのAphria RX GmbHがドイツ国内で栽培した医療用大麻の収穫を初めて成功させ、ドイツの薬局に配送したことを発表しました。

今回の医療用大麻は、ドイツのノイミュンスター(Neumünster)に位置するティルレイの最新鋭の6,000平方メートルの屋内栽培施設で、欧州製造品質管理基準(EU GMP)に基づいて行われた最初の生産です。

ティルレイ社の国際部門責任者兼最高戦略責任者であるDenise Faltischekは、「今回のドイツでの収穫は、ドイツの患者や医療従事者が高品質で信頼できる医療用大麻を入手できるようにするための重要な出来事です。世界的なパンデミックという困難な状況にも関わらず、ドイツで医療用大麻の栽培を認可された最初の生産者として順調に進んだのは、私たちティルレイ社チームのプロ意識の賜物です。また、連邦医薬品・医療機器庁と大麻庁との信頼と協力がなければ、私たちの成果はありませんでした。」と述べています。

ティルレイ社のCEOであるIrwin D. Simonは、「EUは当社にとって強力な成長市場であり、その中でもドイツは最も大きな可能性を秘めています。当社の強力な医療プラットフォーム、ドイツ国内での栽培、輸入、大規模な流通インフラを組み合わせた多面的な国際事業を活用して、欧州の全ての患者が高品質で安定した医療用大麻を入手できるようになることを楽しみにしています」と述べています。

ドイツでは、2017年3月に医療用大麻の法律が制定されて以来、現在医療用大麻の患者数は10万人を超えているとされています。

ティルレイ社の継続的なドイツ国内での生産は、最高品質の医療用大麻の製品で患者のニーズを満たすだけでなく、輸入への依存度を下げる役割を果たします。

ティルレイ社は、カナダ、米国、欧州、オーストラリア、中南米で大麻事業を展開する世界有数の大麻企業であり、大麻の研究、栽培、流通のパイオニアとして20カ国以上で数多くのブランドを展開しています。また、GMP認証の医薬品グレードの大麻製品を世界中の患者に提供する企業として先駆的な実績を持っており、2016年にはカナダからの医療用大麻の輸出、EUへの医療用大麻製品の輸入に初めて成功しています。

石井 竜馬

海外の大麻企業(栽培・加工・販売免許を保持して6年目)に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴19年。

↓ おひねりお待ちしてます。

コメントする

Your email address will not be published.

Recent Articles

大麻の税収はアルコールの税収を超える

現在米国では18州が嗜好用大麻を合法化していますが、国際的な金融グループ「バークレイズ(Barclays)」のストラテジスト(投資戦略専門家)によると2020年に170億ドル(約1兆9,200億円)を...

WHOがクラトムの国際的禁止勧告を終了

東南アジア原産のコーヒー科の植物である「クラトム(Kratom)(日本での省令名:ミトラガイナ・スペシオーサ)」について、解禁派・規制派で論争が起こっていました。 処方箋オピオイドに代...

麻布学園と大麻

全国に数多くある私立中高一貫校の中で、戦後の中高一貫校1期生から70年以上連続で東大合格者数トップ10から一度ももれたことのない学校が1校だけ存在します。 それは、東京都港区に位置する超進...