米ワシントン州の「joint for jabs」プログラムに早くも暗雲

/

アメリカ、ワシントン州の COVID-19ワクチンの接種を促進するために考案された、コロナワクチンを打つとジョイント(大麻紙巻きタバコ)がプレゼントされる「joint for jabs」プログラムが今月7日に承認されたばかりだが、早くも暗雲が立ち込めている。

ワシントン州政府は、州内の約500の認可マリファナ小売店が医療機関と連携したワクチンクリニックを開催し、そこでワクチン接種を受けた21歳以上の成人に、ジョイントを1本無料で提供することを発表した。これまでにワクチン接種を躊躇していた人や怠けていた人を誘うために、ビール1杯無料やスポーツ観戦チケットなど、ワシントン州で提供されている数多くのワクチンを促す施作の一つである。

ワシントン州は、2012年にマリファナの成人使用を合法化し、2014年には免許制での販売が開始されました。昨年度、大麻業界からワシントン州には4億7,400万ドルの税金をもたらしました。

しかし、マリファナは州法では合法であっても、連邦法(アメリカ全体)では違法とされています。そのことから、マリファナ小売店でのワクチンクリニック開催にあたって医療機関が抵抗を感じています。連邦法で違法なことをすることで国からの資金援助を受けられなくなることからです。

さらに、この「joint for jabs」プログラムは7月12日までと期限を設定しており、6月中旬から下旬にかけて1回目の注射を受けに来た方に2回目の注射をするには早すぎるという声が上がっています。

また、シアトルにある大麻販売店「Uncle Ike’s」によると、ワクチンクリニックを開催しようとしたところ、複数の医療機関に断られてしまったそうです。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。標高1,000mの山の中で井戸を掘り、湧き水と共に家族で農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。ワクワクするスタートアップにシードからレイターまで投資ラウンド問わず投資したいため、起業家との出会い募集中。

Recent Articles

米国医師会、違法薬物の非犯罪化を支持

現地時間6月12日、米国医師会(AMA)はシカゴで開催された年次総会において、違法薬物の非犯罪化を正式に支持する決議案を採択しました。 米国医師会は世界で最も権威ある医学会の1つであり、...

THC使用が終末期患者の生存期間延長と関連

ドイツの終末期患者のデータを分析した結果、THC治療を受けていた患者ではそれ以外の患者よりも生存期間が長かったことが明らかにされました。論文は「Medical Cannabis and Cannabinoids」...

南アフリカ、嗜好用大麻を合法化

現地時間5月28日、南アフリカ共和国のシリル・ラマポーザ(Cyril Ramaphosa)大統領は個人使用目的での大麻の所持・栽培を認める「私用目的の大麻法(Cannabis for Private Purposes Bill)」に...