「ワクチンを打つとマリファナがもらえる」米ワシントン州

「joint for jabs」プログラムを開始

/

アメリカでは、新型コロナウイルスワクチン接種を促すための施作として、ビールやドーナツ、野球チケット、宝くじと様々な奨励品を各自治体が用意している。

そこにワシントン州では、マリファナが加わった。

ワシントン州酒類・大麻委員会(LCB)は7日、州の免許を持つマリファナ小売業者が、店内で接種を受けた人に対し、マリファナの紙巻きたばこ1本を贈呈することを承認した。

マリファナのプレゼント対象となるのは21歳以上の成人で、期限は7月12日まで。

ワシントン州は2012年に嗜好用大麻の使用を合法化。2014年に販売免許制での販売が開始。

石井 竜馬

海外の大麻企業(栽培・加工・販売免許を保持して6年目)に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴19年。

↓ おひねりお待ちしてます。

コメントする

Your email address will not be published.

Recent Articles

Uber EatsでTokyo Smokeの大麻の注文が可能に

Uber Eatsは、カナダのオンタリオ州で大麻の注文を受けることをプレスリリースで発表しました。「cannabis」という新たなセクションを設け、Tokyo Smokeの商品を11月22日(月)より掲載し...