「ワクチンを打つとマリファナがもらえる」米ワシントン州

「joint for jabs」プログラムを開始

/

アメリカでは、新型コロナウイルスワクチン接種を促すための施作として、ビールやドーナツ、野球チケット、宝くじと様々な奨励品を各自治体が用意している。

そこにワシントン州では、マリファナが加わった。

ワシントン州酒類・大麻委員会(LCB)は7日、州の免許を持つマリファナ小売業者が、店内で接種を受けた人に対し、マリファナの紙巻きたばこ1本を贈呈することを承認した。

マリファナのプレゼント対象となるのは21歳以上の成人で、期限は7月12日まで。

ワシントン州は2012年に嗜好用大麻の使用を合法化。2014年に販売免許制での販売が開始。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外の大麻企業に投資家として関わる。会社を売却し標高1,000mの山の中で井戸を掘り、湧き水と共に家族で農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

Recent Articles

CBDの抗てんかん作用に腸内細菌が関与か

大麻に含まれる成分CBDは抗てんかん作用を有することで知られており、この成分を高濃度に含有した医薬品「エピディオレックス」による治験が日本でも行われようとしています。ですが、CBDに...

THCAとは?

THCA(テトラヒドロカンナビノール酸)はTHCの前駆体となる酸性カンナビノイドです。THCAを熱・高温・光などにより脱炭酸させると、中性カンナビノイドであるTHCに変換されます。 そのた...

CBDVとは?

CBDV(カンナビジバリン)は1969年に初めて単離されたカンナビノイドで、天然の大麻草に少量しか含まれていない「マイナーカンナビノイド」に該当します。 CBDVの発見は50年以上も前ですが...

不安

「明日のプレゼンうまくいくかな」 「本番で失敗しないかな」 日常生活や仕事の様々な場面において、私たちは不安を感じる瞬間があります。 基本的に不安によって生活に支障が出ることはありませ...