ニューヨークの公共交通機関での大麻やマジックマッシュルームの広告を禁止へ

ニューヨークの公共交通機関での大麻やマジックマッシュルームの広告を禁止へ

/

ニューヨークで地下鉄、電車、バスを運行しているMTA(Metropolitan Transportation Authority)が広告ポリシーを変更し、11月17日に公開しました。

MTAの大麻に関わる新たな広告ポリシー

MTA will not accept any advertisement for display in or on the Property if it falls within one or more of the following categories of prohibited advertising

Promotes tobacco, nicotine, or any tobacco-related or nicotine-related product; any alcohol product; cannabis or any cannabis-related product; or hallucinogenic mushrooms or hallucinogenic mushroom-related product

(日本語訳)

MTAは、以下の禁止広告のカテゴリーに該当する場合いかなる広告も受け入れません

タバコ、ニコチン、タバコ関連製品、ニコチン関連製品、アルコール製品、大麻、大麻関連製品、幻覚キノコ、幻覚キノコ関連製品

ニューヨーク州では、2021年3月に嗜好用大麻を合法化。現在21歳以上の成人は3オンス(約85グラム)までの大麻、24グラムの濃縮大麻の所持が認められ、タバコが喫煙できる場所での大麻喫煙が認められています。販売プログラム解禁後はニューヨーク州は大きな市場になることが予想されており早ければ2022年から開始されます。

ニューヨーク州の大麻法案には公共交通機関での大麻の広告を禁止することが規定されていますが、幻覚キノコ(マジックマッシュルーム)は合法にもなっていません。

そのため、なぜマジックマッシュルームの広告を禁止する発表を現段階で行なったのかは不思議です。

私たちの使命
大麻に関する誤って植え付けられた知識を正し、救われるべき人が救われる社会にする

━━━━━━━━━━

私たちのビジョン
日本国内で公共的な大麻メディアサイトとなる

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外のヘンプ企業・医療用大麻企業に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

↓ おひねりお待ちしてます。

Recent Articles

大麻成分CBDA、肥満症に対し有効性を示す

2022年5月17日、CBDA(カンナビジオール酸)が肥満症に対し有効性を示した論文が、イスラエルの研究者らにより公開されました。 近年、世界的に欧米食中心の食生活が広まり、加えて技術進...

CBDが新型コロナ重症化を早期から抑制か

2022年5月16日、CBD(カンナビジオール)を主成分とした大麻抽出物「CBD-X(詳しくは後述)」が新型コロナウイルス感染による重症化を早期から抑制する可能性を示した論文がイスラエルの研...

光線力学的療法(PDT)とCBD

日本人の死因の第一位となっている、がん。 がんの主な治療は手術、化学療法、放射線療法ですが、これらの標準治療には侵襲や副作用がついて回り、高齢者では治療を受けるのが難しい場合があ...