南オーストラリア州旗

豪「南オーストラリア州」現在の大麻の合法化状況

嗜好用大麻

少量所持のみ非犯罪化

医療用大麻

合法

主要都市:アデレード(Adelaide)

 

南オーストラリア州では、嗜好用大麻は違法(少量所持のみ非犯罪化)です。

 

南オーストラリア州の嗜好用大麻の罰則

犯罪消滅法(1996年)によって、18歳以上の者は、以下のような軽微な違反の場合、刑事上の有罪判決なしで、罰金の支払いによって除名処分で処理することができます。

・人工的な強化を伴わない大麻プラント1株の栽培

・100グラムまでの乾燥大麻の所持

・20グラムまでの大麻樹脂の所持

・大麻の使用(公共の場を除く)

・喫煙具の所持

 

 

[英文でより詳しく知る]

Goverment of South Australia SA Health Illicit drug laws

日本人に向けた外務省からの注意喚起

日本では、大麻取締法において、大麻の所持・譲受(購入を含む)等については違法とされ、処罰の対象となっています。この規定は日本国内のみならず、海外において行われた場合であっても適用されることがあり、在留邦人や日本人旅行客におかれましては、これら日本の法律を遵守の上、日本国外であっても大麻に手を出さないように十分注意願います。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。標高1,000mの山の中で井戸を掘り、湧き水と共に家族で農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。ワクワクするスタートアップにシードからレイターまで投資ラウンド問わず投資したいため、起業家との出会い募集中。

Recent Articles

ジャージー島、大麻の少量所持を非犯罪化

2月7日、イギリス海峡に浮かぶジャージー島の議会は、大麻の少量所持を事実上非犯罪化する法案を可決しました。 チャンネル諸島最大の島であるジャージー島は英国王室の直轄地ですが、強い自治...

世界の大麻合法化状況

現在、大麻はどの地域で、医療用や嗜好用、どのカテゴリーで合法や非犯罪化なのでしょうか?現在の世界の状況をまとめております。