ニューサウスウェールズ州旗

豪「ニューサウスウェールズ州」現在の大麻の合法化状況

嗜好用大麻

オーストラリア首都特別地域のみ

個人使用の少量所持と栽培を合法化

医療用大麻

合法

主要都市:シドニー(Sydney)、キャンベラ(Canberra)

 

ニューサウスウェールズ州では、薬物誤用・売買法(1985年)に基づき、嗜好用大麻は違法です。

 

ニューサウスウェールズ州の嗜好用大麻の罰則

15gまでの大麻の所持の場合、警察の判断により、薬物・アルコールプログラムへの移管が2回まで認められている。

ニューサウスウェールズ州刑事訴訟法(1986年)に基づき、警察は400ドルの罰則通知を発行する裁量権を有しています。

ニューサウスウェールズ州警察には、大麻注意制度があり、個人使用目的の15グラム以下の大麻所持の場合、過去に暴力、薬物、性的暴行関連の犯罪で有罪判決を受けたことがなく、他の犯罪に関与していない者は、警察官の裁量により注意で済ますことができます。注意を受けられるのは2回までとなっています。

250株未満の大麻栽培の罪は、最高2年の懲役となります。それ以上の量の場合は、栽培量に応じて20年までの懲役となります。

 

首都キャンベラを含むオーストラリア首都特別地域の嗜好用大麻合法化

ニューサウスウェールズ州の中に位置する首都キャンベラを含むオーストラリア首都特別地域ですが、この地域に限り2020年、個人使用の少量の大麻所持と栽培を合法化しました。しかし、販売は引き続き禁止のままです。

所持

18歳以上の者は、乾燥大麻50グラムまで、生大麻150グラムまでの所持が可能

栽培

1人につき2株、1世帯につき4株までの大麻プラントの栽培が可能

日本人に向けた外務省からの注意喚起

日本では、大麻取締法において、大麻の所持・譲受(購入を含む)等については違法とされ、処罰の対象となっています。この規定は日本国内のみならず、海外において行われた場合であっても適用されることがあり、在留邦人や日本人旅行客におかれましては、これら日本の法律を遵守の上、日本国外であっても大麻に手を出さないように十分注意願います。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。標高1,000mの山の中で井戸を掘り、湧き水と共に家族で農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。ワクワクするスタートアップにシードからレイターまで投資ラウンド問わず投資したいため、起業家との出会い募集中。

Recent Articles

イギリス、ヘンプの栽培規制を緩和

4月9日、イギリス政府は経済的・環境的可能性を最大限に引き出すため、ヘンプの栽培規制を緩和することを発表。この新たな規制は2025年の栽培シーズンより施行されます。 イギリスにおいてヘン...

マラウイが高THC大麻の栽培を承認

マラウイ共和国の議会は、認可された栽培業者が輸出を目的とし、THC濃度の高い国産大麻を栽培することを承認しました。 アフリカの南東部に位置するマラウイはタバコの主要な生産国であり、国...