米オクラホマ州、嗜好用大麻合法化を決める住民投票を2023年3月7日実施

米オクラホマ州、嗜好用大麻合法化を決める住民投票を2023年3月7日実施

/

米オクラホマ州は2018年に医療用大麻を合法化。この州の医療用大麻市場は「ビジネスライセンスが格安」「患者承認に必要な適応条件がない」など、全米で最も緩い規制となっています。

そんなオクラホマ州で来月3月7日、嗜好用大麻の合法化を決める「State Question 820(SQ820)」に向けた住民投票が行われます。

SQ820は、嗜好用大麻合法化に向けた活動団体OSML(Oklahomans for Sensible Marijuana Laws)が州民から集めた164,000名以上の署名とともに提案したイニシアチブ(一定数以上の有権者が法案を作り、法案の制定改廃を一般投票にかける制度)です。昨年10月、ケビン・スティット州知事はこれを承認し、住民投票実施に向けた布告を出しました。

SQ820の主な内容は以下の通り。

・21歳以上の成人は、1オンス(約28g)までの乾燥大麻の所持・購入が可能。

・21歳以上の成人は個人使用目的であれば、開花した状態6株、開花前の状態6株までの大麻の栽培が可能。

・オクラホマ州医療用大麻当局(OMMA)は、嗜好用大麻の規制とビジネスライセンスの発行を担当する。

・嗜好用大麻製品には15%の税金が課され、税収は「オクラホマ州大麻税収信用基金(Oklahoma Marijuana Revenue Trust Fund)に充てられる。この基金は主に嗜好用大麻市場の運営費に充てられ、残りの資金は販売を実施した自治体(10%)、司法資金(10%)、一般資金(30%)、公的な教育助成金(30%)、薬物誤用に対する治療や予防プログラムのための助成金(20%)に分配される。

・このイニシアチブにより合法化された事項で服役中の人は、再判決、有罪判決の取り消し、訴訟の却下などを求める請願書を提出することができる。また、すでに刑期を終えた人でも、裁判所に前科抹消を申し立てることが可能となる。

イニシアチブでの勝利を目指し、活動家らは「Yes on 820」と呼ばれるキャンペーンを開始。

投票が約2週間後にまで迫っている中、キャンペーンの活動家らはショートムービーを作成したり、戸別訪問するなどして、有権者に「Yes」の投票を促しています。

動画では、「私たちと子どもたちの安全を守るため、ラベル付け、子どもに扱えないようなパッケージング、数量制限など、厳格な安全要件を規定しています」「学校や医療のために何百万ドルもの資金を生み出すだけでなく、警察が深刻な暴力事件に集中することを可能にし、地域社会をより安全にすることができます」などといったことが述べられています。

米国の大麻メディア「Marijuana Moment」によれば、この動画は今後テレビでも放映される予定となっています。

活動家らが発表した報告書によれば、2024年から2028年にかけ、医療及び嗜好用大麻による税収は8億2,100万ドル(約1,100億円)となり、このうち嗜好用大麻は4億3,400万ドル(約585億円)で半分以上を占めると予測されています。

なお、3月7日に行われるこの特別選挙は、大麻事案以外の他に何もありません。「大麻政策だけのために」住民投票が行われるのは、全米でも初となります。

Marijuana Moment「Oklahoma Marijuana Activists Launch TV Ad And Knock On Doors To Build Support For Legalization Ballot Measure」https://www.marijuanamoment.net/oklahoma-marijuana-activists-launch-tv-ad-and-knock-on-doors-to-build-support-for-legalization-ballot-measure/

Marijuana Moment「Oklahoma Could Generate Nearly Half A Billion In Marijuana Tax Dollars Over Five Years If Voters Approve Legalization Next Month, Analysis Shows」
https://www.marijuanamoment.net/oklahoma-could-generate-nearly-half-a-billion-in-marijuana-tax-dollars-over-five-years-if-voters-approve-legalization-next-month-analysis-shows/

Marijuana Moment「Oklahoma Announces Special Election For Marijuana Legalization Initiative In March 2023」https://www.marijuanamoment.net/oklahoma-announces-special-election-for-marijuana-legalization-initiative-in-march-2023/

NORML「Oklahoma: Voters to Decide on Adult-Use Legalization Initiative Next Month」https://norml.org/news/2023/02/09/oklahoma-voters-to-decide-on-adult-use-legalization-initiative-next-month/

廣橋 大

精神病院に勤める現役看護師。2021年初頭より大麻使用罪造設に向けた動きが出たことをきっかけに、麻に関する情報発信をするようになる。「Smoker’s Story Project」インタビュアー。

Recent Articles

スペイン、医療用大麻の規制草案を発表

2月14日、スペイン政府は医療用大麻の規制枠組みを定めた王室令(Royal Degree)の草案を発表。政府は3月4日までの間、この提案に対するパブリックコメントを募集しています。 スペイン下院の...

ジャージー島、大麻の少量所持を非犯罪化

2月7日、イギリス海峡に浮かぶジャージー島の議会は、大麻の少量所持を事実上非犯罪化する法案を可決しました。 チャンネル諸島最大の島であるジャージー島は英国王室の直轄地ですが、強い自治...

世界の大麻合法化状況

現在、大麻はどの地域で、医療用や嗜好用、どのカテゴリーで合法や非犯罪化なのでしょうか?現在の世界の状況をまとめております。