米ノースダコタ州、ホスピス入所者が自己申告のみで医療用大麻カードを取得することを可能に

米ノースダコタ州、ホスピス入所者が自己申告のみで医療用大麻カードを取得することを可能に

/

2016年以降、エディブル以外の医療用大麻が合法となっている米ノースダコタ州。

3月27日、ホスピス入所者が自己申告のみで医療用大麻の登録カードを取得できるとした法案に、州知事が署名したことが明らかとなりました。

※ホスピスとは

死を目前にした患者の様々な苦痛を緩和し、最期の時を穏やかに過ごすことを目的とした施設やケアを指す。

この法案は下院で86対6の賛成多数、上院で45対0の全会一致で通過しており、ダグ・バーガム(Doug Burgum)州知事のもとへ送られていました。

この法案により、ホスピスに入所中の患者は、医師からの推薦の代わりに、ホスピスに入所していることを証明する書類を提出することで、医療用大麻の登録カードを入手することができます。登録カードの申請は無料。規制当局は書類を受け取ってから14日以内に登録カードを発行する必要があります。

なお、この法案は当初、65歳以上であれば誰でも自己申告で医療用大麻の登録カードを取得できる予定でしたが、この部分は下院委員会で修正され、削除されています。

上院多数派党員集会のトップである共和党議員クリスティン・ロアーズ(Kristin Roers)氏は、法案を州知事に送る前、議場において「ホスピス入所者は、手続きを全て完了させる時間がないことが多いです」「そのため、ホスピス入所者が医療用大麻を入手できるのであれば、その行程を少しでも楽になるようにしたかったのです」と発言。

さらにロアーズ氏は、大麻がオピオイドの代替となり得ることから、入所者が大麻を入手することで 「家族と共に過ごす人生最後の日や最後の時間に、よりはっきりとした状態でいるのに役立つかもしれません」と付け加えました。

この法案とは別に、ノースダコタ州議会は今月、医療用大麻販売店が30日ごとに最大6,000mgのTHC製品を患者に販売できる法案を可決(元々は4,000mg/月)。この法案の背景として、痛みなどの症状緩和のために、より高用量のTHCを必要とする患者がいることが挙げられています。

一方、同州の議員らは、医療用大麻事業者にエディブル製品の販売を認めるとした2つの法案を否決しています。

また、1月30日、ワシントンD.C.市長は、自己申告のみで医療用大麻登録カードの取得を可能にするなどした医療用大麻拡大法案に署名。この法案は連邦議会からの審査を受けていましたが、3月22日より無事法制化されています。

Marijuana Moment「North Dakota Governor Signs Bill Letting People In Hospice Care Self-Certify As Medical Marijuana Patients」https://www.marijuanamoment.net/north-dakota-governor-signs-bill-letting-people-in-hospice-care-self-certify-as-medical-marijuana-patients/

MJBizdaily「Medical marijuana limits to increase in North Dakota」https://mjbizdaily.com/medical-marijuana-limits-to-increase-in-north-dakota/

MJBizDaily「North Dakota lawmakers say no to sales of medical marijuana edibles」https://mjbizdaily.com/north-dakota-lawmakers-say-no-to-sales-of-medical-marijuana-edibles/

Marijuana Moment「D.C. Medical Marijuana Expansion Bill Eliminating Licensing Caps Becomes Law Following Congressional Review」https://www.marijuanamoment.net/d-c-medical-marijuana-expansion-bill-eliminating-licensing-caps-becomes-law-following-congressional-review/

廣橋 大

精神病院に勤める現役看護師。2021年初頭より大麻使用罪造設に向けた動きが出たことをきっかけに、麻に関する情報発信をするようになる。「Smoker’s Story Project」インタビュアー。

Recent Articles

世界の大麻合法化状況

現在、大麻はどの地域で、医療用や嗜好用、どのカテゴリーで合法や非犯罪化なのでしょうか?現在の世界の状況をまとめております。