モロッコ、初の合法大麻収穫量294トン

モロッコ、初の合法大麻収穫量294トン

/

北アフリカの国モロッコは大麻の合法栽培を開始した2023年において、294トンの大麻を収穫したことを明らかにしました

モロッコでは2021年に産業及び医療用大麻が合法化されています。大麻規制を行う国家機関であるANRACは2022年、大麻の栽培、加工、輸出等に関するライセンスを初発行。2023年5月には国内初となる大麻の合法栽培が開始されました

その後2023年の間に430名の大麻農家を含む32の協同組合は、294トンという予想を上回る量の大麻を収穫。これらの農家はリーフ地方の山岳地帯アル・ホセイマ、シャフシャウエン、タウナートにおける277ヘクタールの土地で大麻栽培を行いました

モロッコは2023年だけで609件の大麻関連ライセンスを発行。2024年に入ってからも、130の協同組合を組織する1,500名の農家からのライセンス審査を行っており、大麻の栽培から輸出に至るまで幅広い活動において前進を続けています。

大麻の種子に関しては、2023年に約210万個の種子が国内で認証されました。最近では「ベルディア(Beldia)」と呼ばれる干ばつに強いアル・ホセイマ土着の品種も認められ、国内の文化遺産を守ろうとする姿勢も見られています。

文化の保護だけに留まらず、モロッコでは大麻に含まれるTHCCBDといった化合物への関心も高まっており、医療や化粧品といった分野で有望視されています。

現在、大麻の加工設備は2基稼働しており、15種類の大麻製品が薬用として認可過程にあります

なお、モロッコは元々主要な大麻生産国で知られていますが、嗜好用大麻は違法です。同国における産業及び医療用大麻合法化の目的は、農家の収入を向上させることで地域経済を活性化させる一方、麻薬密売組織を取り締まることにあります。

市場調査会社「Research and Markets社」によれば、モロッコの医療用大麻市場は2030年までに5億3,770万ドル(約813億円)に達し、年平均成長率(CAGR)は48%に達すると予測されています

※為替は記事公開時点のレートで計算しており、リンク先の記事と日本円の数字が異なることがあります。最新の米ドル・円の相場はこちら

Reuters「Morocco reports first legal cannabis harvest of 294 metric tons」https://www.reuters.com/world/africa/morocco-reports-first-legal-cannabis-harvest-294-metric-tons-2024-03-18

Morocco World News「Morocco’s Inaugural Legal Cannabis Harvest Yields 294 Tonnes」https://www.moroccoworldnews.com/2024/03/361411/moroccos-inaugural-legal-cannabis-harvest-yields-294-tonnes

High Times「Morocco Reports First Legal Cannabis Cultivation Numbers, 294 Tons in 2023」https://hightimes.com/news/morocco-reports-first-legal-cannabis-cultivation-numbers-294-tons-in-2023/

CannaReporter「Morocco enters the cannabis race with the first legal cannabis harvest」https://cannareporter.eu/en/2024/03/20/Morocco-enters-the-cannabis-race-with-the-first-legal-cannabis-harvest/

Business Wire「Morocco Medical Cannabis Market Size, Share & Trends Analysis Report 2023: Market to Reach $537.7 Million by 2030, Growing at a CAGR of 48% with Bio Cannat & PharmaCielo Dominating – ResearchAndMarkets.com」https://www.businesswire.com/news/home/20230915113753/en/Morocco-Medical-Cannabis-Market-Size-Share-Trends-Analysis-Report-2023-Market-to-Reach-537.7-Million-by-2030-Growing-at-a-CAGR-of-48-with-Bio-Cannat-PharmaCielo-Dominating—ResearchAndMarkets.com

廣橋 大

麻マガジンライター。看護師国家資格保有者。2021年より大麻の情報発信に携わる。

Recent Articles

イギリス、ヘンプの栽培規制を緩和

4月9日、イギリス政府は経済的・環境的可能性を最大限に引き出すため、ヘンプの栽培規制を緩和することを発表。この新たな規制は2025年の栽培シーズンより施行されます。 イギリスにおいてヘン...

マラウイが高THC大麻の栽培を承認

マラウイ共和国の議会は、認可された栽培業者が輸出を目的とし、THC濃度の高い国産大麻を栽培することを承認しました。 アフリカの南東部に位置するマラウイはタバコの主要な生産国であり、国...