ウルグアイ、外国人観光客による大麻ツーリズムを検討
ウルグアイ「プンタ・デル・エステ」近くにある白壁の建物、カサプエブロからの眺め

ウルグアイ、外国人観光客による大麻ツーリズムを検討

/

ウルグアイの大統領府、観光省、国家麻薬局、大麻規制管理研究所が外国人観光客に対して大麻を合法的に販売することを検討しているとCCN(Ciudad Cannabis News)が現地時間9月3日報じました。

ウルグアイ当局は、ウルグアイが南米のアムステルダムのようになることを否定はしていません。

ウルグアイは南米有数のビーチリゾート「プンタ・デル・エステ」を有しており、このリゾート地ではプレミアム大麻ツーリズムを目指していますが、現在の法律では合法的な大麻販売は登録済みのウルグアイ人に限られるため、外国人観光客は大麻を合法的に購入することはできません。

プンタ・デル・エステのシンボル、手の彫刻
プンタ・デル・エステのシンボル、手の彫刻

今後、現在の状況が変わる可能性があります。

昨年、ウルグアイ国家麻薬局のダニエル・ラディオ(Daniel Radío)局長は、外国人観光客が合法市場で大麻を入手可能にすることを観光省に提起しましたが、この提案は議論の対象にはなったものの具体的に前進することはありませんでした。

今年は、大統領府、観光省、国家麻薬局、大麻規制管理研究所の代表者が、外国人観光客に対して大麻を合法的に販売する可能性を検討し始めたため、世間の注目を集めています。

実現すれば、世界初の嗜好用も含めた大麻合法化をしたウルグアイによる更なるイノベーションとなります。それにより、多くの観光客を受け入れ多額の収入を得ることが期待できます。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外の大麻企業に投資家として関わる。会社を売却し標高1,000mの山の中で井戸を掘り、湧き水と共に家族で農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

Recent Articles

CBDの抗てんかん作用に腸内細菌が関与か

大麻に含まれる成分CBDは抗てんかん作用を有することで知られており、この成分を高濃度に含有した医薬品「エピディオレックス」による治験が日本でも行われようとしています。ですが、CBDに...

THCAとは?

THCA(テトラヒドロカンナビノール酸)はTHCの前駆体となる酸性カンナビノイドです。THCAを熱・高温・光などにより脱炭酸させると、中性カンナビノイドであるTHCに変換されます。 そのた...