レペゼンDJ社長が本田圭佑との対談の中で「大麻の仕事をしたい」と公言

サッカー選手でありながら経営者、投資家としても活躍する本田圭佑とRepezen Foxx(前 レペゼン地球)のDJ社長、DJ銀太がYouTube上で対談を行い、9月30日公開されました。

その中で、DJ社長は「大麻の仕事をしたい」と公言。

「こっから絶対に来る。合法化がいろんなところで進んでいった時に、違法が合法になる時が1番ビジネスチャンスがある。仮想通貨も怪しいと言ってた時代が1番儲かってる。今怪しくなくなったら、あまり儲からなくなる。大麻も同じだから、絶対にやりたい。」

「いろんなアーティストや有名人が事務所やレーベル、スポンサーの関係で大麻の仕事をできない。それを自分ができたら凄い強い。」と発言。

 

この発言に対し、本田圭佑は「これで世界一になったらヤバいっすよ。森ビルみたいなビル建てれますよ」と返し、

「イメージなんていうのは、人が納得したら変わる。アルコールは喧嘩も犯罪も起こる。僕たちもこの対談中アルコール飲んでいるけれどやり方次第。大麻も、CBDは医療だし、THCに関してもアルコールよりも依存度はなくてトラブルもない。」

「イメージで日本人は強烈に反応してくる。納得すれば変わる、アルコールのように。いかにちゃんとした情報を発信して納得させられるか。であればエビデンスは一定数ある。」

「発信力を使いながらタイミングを見て発信し続ければ、世間のイメージは一気に変わる。「ほらな」っていう風になる。絶対なるんです。絶対なるんです。」と熱く語りました。

 

ー 対談の該当シーンはこちら ー

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外の大麻企業に投資家として関わる。会社を売却し標高1,000mの山の中で井戸を掘り、湧き水と共に家族で農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

Recent Articles

香港でCBD起業家の逮捕が始まる

中華人民共和国国務院(State Council of the People’s Republic of China)が9月19日に公開したプレスリリースによると、香港特別行政区の行政長官であるジョン・リー(李家超)氏がCBDにつ...