レペゼンDJ社長が本田圭佑との対談の中で「大麻の仕事をしたい」と公言

サッカー選手でありながら経営者、投資家としても活躍する本田圭佑とRepezen Foxx(前 レペゼン地球)のDJ社長、DJ銀太がYouTube上で対談を行い、9月30日公開されました。

その中で、DJ社長は「大麻の仕事をしたい」と公言。

「こっから絶対に来る。合法化がいろんなところで進んでいった時に、違法が合法になる時が1番ビジネスチャンスがある。仮想通貨も怪しいと言ってた時代が1番儲かってる。今怪しくなくなったら、あまり儲からなくなる。大麻も同じだから、絶対にやりたい。」

「いろんなアーティストや有名人が事務所やレーベル、スポンサーの関係で大麻の仕事をできない。それを自分ができたら凄い強い。」と発言。

 

この発言に対し、本田圭佑は「これで世界一になったらヤバいっすよ。森ビルみたいなビル建てれますよ」と返し、

「イメージなんていうのは、人が納得したら変わる。アルコールは喧嘩も犯罪も起こる。僕たちもこの対談中アルコール飲んでいるけれどやり方次第。大麻も、CBDは医療だし、THCに関してもアルコールよりも依存度はなくてトラブルもない。」

「イメージで日本人は強烈に反応してくる。納得すれば変わる、アルコールのように。いかにちゃんとした情報を発信して納得させられるか。であればエビデンスは一定数ある。」

「発信力を使いながらタイミングを見て発信し続ければ、世間のイメージは一気に変わる。「ほらな」っていう風になる。絶対なるんです。絶対なるんです。」と熱く語りました。

 

ー 対談の該当シーンはこちら ー

石井 竜馬

海外の大麻企業(栽培・加工・販売免許を保持して6年目)に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴19年。

↓ おひねりお待ちしてます。

コメントする

Your email address will not be published.

Recent Articles

大麻の税収はアルコールの税収を超える

現在米国では18州が嗜好用大麻を合法化していますが、国際的な金融グループ「バークレイズ(Barclays)」のストラテジスト(投資戦略専門家)によると2020年に170億ドル(約1兆9,200億円)を...

WHOがクラトムの国際的禁止勧告を終了

東南アジア原産のコーヒー科の植物である「クラトム(Kratom)(日本での省令名:ミトラガイナ・スペシオーサ)」について、解禁派・規制派で論争が起こっていました。 処方箋オピオイドに代...

麻布学園と大麻

全国に数多くある私立中高一貫校の中で、戦後の中高一貫校1期生から70年以上連続で東大合格者数トップ10から一度ももれたことのない学校が1校だけ存在します。 それは、東京都港区に位置する超進...