Jay Zの米国上場大麻会社が初の黒人CEOを任命
Jay Z

Jay Zの米国上場大麻会社が初の黒人CEOを任命

ラッパー、音楽プロデューサーであり起業家でもあるJay Zの大麻会社The Parent Company(TPC)は、トロイ・ダッチャー(Troy Datcher)氏を同社の新CEOに9月8日付で任命したことを発表しました。

黒人のCEOが米国の上場大麻会社を率いるのは初めてのことです。

カリフォルニア州の栽培から加工、販売まで全てを行う大手垂直統合型大麻企業であるTPCは、Jay Zの大麻ブランド「Monogram:https://www.monogramcompany.com/」を始め、複数の大麻ブランドを有しています。

Jay Zは同社の最高事業計画責任者であり、黒人を始めとするマイノリティの起業家が業界で直面している障壁を打破することを目的とした同社の活動「Social Equity Ventures」を主導しています。

 

「この会社は、継続的な成長を約束された非常に強力な企業であり私自身を含む有色人種コミュニティにあまりにも長い間、不均衡な影響を与えてきた業界を破壊する機会を得ました。Jay Zのような大物と共に時代遅れの大麻規制を根絶し多様性、公平性、正義のもと新しい大麻のインフラを作るチャンスです。」とダッチャー氏は述べています。

The Parent Companyの株式は、NEO Exchange及びOTCQXで取引されています。

 

トロイ・ダッチャー
新CEOに任命されたトロイ・ダッチャー氏

ダッチャー氏の経歴

ダッチャー氏は、1999年にクロロックス社(The Clorox Company)に入社。世界的な販売組織を上級副社長兼最高顧客責任者として率いてクロロックス社のブランドポートフォリオの中で年間売上高67億ドル以上のグローバルセールスを展開。

2006年にJTG Dougherty Racingに入社しNASCARのスポンサーシップ及びマーケティング責任者を務めた後、2009年にクロロックス社に復帰していました。

Jay Zの妻 Beyoncéに関するニュース

石井 竜馬

海外の大麻企業(栽培・加工・販売免許を保持して6年目)に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴19年。

↓ おひねりお待ちしてます。

コメントする

Your email address will not be published.

Recent Articles

Uber EatsでTokyo Smokeの大麻の注文が可能に

Uber Eatsは、カナダのオンタリオ州で大麻の注文を受けることをプレスリリースで発表しました。「cannabis」という新たなセクションを設け、Tokyo Smokeの商品を11月22日(月)より掲載し...