「States Reform Act」提出直後に共和党から法案反対の声明発表

サウスカロライナ共和党、「States Reform Act」提出直後に法案反対の声明発表

共和党議員であるナンシー・メイス(Nancy Mace)議員が民主党主導の合法化法案に代わる新たな大麻法案「States Reform Act」を現地時間11月15日(月)国会に提出し記者会見を行いました。

メイス議員はサウスカロライナ州選出の国会議員ですが、記者会見を行った直後にサウスカロライナ州共和党から大麻合法化法案反対の声明が発表されました。

 

(ツイート日本語訳)
@RepNancyMace(メイス議員)が連邦大麻合法化のための共和党案の発表をした後、@SCGOP(サウスカロライナ共和党)は反対する声明を発表。

 

(ツイート日本語訳)
@RepNancyMace(メイス議員)が連邦大麻合法化のための共和党案の発表をした後、@SCGOP(サウスカロライナ共和党)は反対する声明を発表。

サウスカロライナ共和党の党首ドリュー・マキシック(Drew McKissick)は、大麻禁止法を廃止しようとするいかなる努力にも反対することを確認し、メイス議員が提出した「States Reform Act」も例外ではないことを明らかにしました。

「私たちは、規制物質の乱用や流通を禁止する既存の法律を執行することを支持し、規制物質の使用を解禁するいかなる取り組みにも反対します」と明確に述べています。

今回の声明の最後は以下の言葉で締めくくられています。

「これは、犯罪や暴力の増加、子供の精神衛生上の問題など、広範囲に悪影響を及ぼすので、ほとんどの共和党員も反対すると言ってもいいでしょう」

しかし、メイス議員は記者会見の中で「この法案は、上下両議会、共和党と民主党から多くの素晴らしい意見が寄せられています。共和党員、民主党員、すべての人にとって良いものであり、妥協案と言えるでしょう」と述べています。

また、記者会見の中でメイス議員はサウスカロライナ州には限定的なCBDプログラムはあるが、医療大用麻プログラムは制定されておらず、ましてや嗜好用大麻はまったく進んでいないことにも言及しました。

今回提出した法案は、どの州にも合法化を押し付けるものではなく、その選択を委ねるものであることを強調していました。

2018年に行われた予備選挙での法的拘束力のない投票では、サウスカロライナ州の有権者の82%が医療用大麻合法化に賛成しています。(出典

私たちの使命
大麻に関する誤って植え付けられた知識を正し、救われるべき人が救われる社会にする

━━━━━━━━━━

私たちのビジョン
日本国内で公共的な大麻メディアサイトとなる

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外のヘンプ企業・医療用大麻企業に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

↓ おひねりお待ちしてます。

Recent Articles

ノーマライゼーションとは?

「ノーマライゼーション(標準化)」とは福祉用語の1つであり、障がいや病気のある人でも健康な人と同様に生活を営むことを当然とする考え方や、それを目指した施策のことを指します。 例えば「...

大麻成分CBDA、肥満症に対し有効性を示す

2022年5月17日、CBDA(カンナビジオール酸)が肥満症に対し有効性を示した論文が、イスラエルの研究者らにより公開されました。 近年、世界的に欧米食中心の食生活が広まり、加えて技術進...

CBDが新型コロナ重症化を早期から抑制か

2022年5月16日、CBD(カンナビジオール)を主成分とした大麻抽出物「CBD-X(詳しくは後述)」が新型コロナウイルス感染による重症化を早期から抑制する可能性を示した論文がイスラエルの研...

光線力学的療法(PDT)とCBD

日本人の死因の第一位となっている、がん。 がんの主な治療は手術、化学療法、放射線療法ですが、これらの標準治療には侵襲や副作用がついて回り、高齢者では治療を受けるのが難しい場合があ...