FDAがCBDを栄養補助食品や食品として認めないと発表
画像:U.S. FDA Twitter

FDAがCBDを栄養補助食品や食品として認めないと発表

/

FDA(米国食品医薬品局)はこれまで、CBD市場が拡大していることから、CBDベースの医薬品であるEpidiolexに関連する研究、発表された科学文献公募に寄せられた情報など、様々なデータを取得し、慎重にCBDについて検討を重ねてきました。

現地時間1月26日、FDAは、CBDの栄養補助食品や食品としての販売を許可する規則を作成しないと発表

また、FDAは、Council for Responsible NutritionNatural Products AssociationConsumer Healthcare Products Associationからの3件のCBDの販売許可を求めて規則制定を求めていた市民請願を却下しました。

FDAは、米国連邦議会に対してCBDを管理する新しい規制を通過させるよう要請しています。

FDAは、公開した声明の中で以下のように述べています。

「CBDの使用は特に、長期間の使用において様々な安全性の懸念を生じさせます。研究では、肝臓への害、特定の薬物との相互作用、男性の生殖器系への害の可能性が示されています。CBDは、子供や妊娠中の人など特定の弱者層に関しても懸念があります。」

「入手可能な証拠を考慮すると、CBD製品が栄養補助食品や食品としての安全基準をどのように満たすことができるかは明らかではありません。例えば、私たちは、どの程度の量のCBDをどの程度の期間使用することで害を引き起こすかを決定するための適切な証拠を発見していません。したがって、私たちは、栄養補助食品や食品にCBDを使用することを許可するルール作りを追求するつもりはありません。」

「CBDは動物にもリスクを及ぼし、人々はCBDを与えられた動物の肉、牛乳、卵を通じて知らず知らずのうちにCBDにさらされる可能性があります。CBD製品が動物用食品に含まれる物質の安全基準をどのように満たすことができるかは明らかではないため、動物用食品へのCBDの使用を許可するルール作りも追求するつもりがありません。」

この発表は、FDAがCBDを容認することを期待していたCBD業界にとって不満の残るニュースとなりそうです。

Marijuana Moment「FDA Announces It Will Not Issue Rules To Allow CBD As Dietary Supplements Or Food Items, Punting To Congress For Regulations」https://www.marijuanamoment.net/fda-announces-it-will-not-issue-rules-to-allow-cbd-as-dietary-supplements-or-food-items-punting-to-congress-for-regulations/

U.S. Food and Drug Administration「FDA Concludes that Existing Regulatory Frameworks for Foods and Supplements are Not Appropriate for Cannabidiol, Will Work with Congress on a New Way Forward」https://www.fda.gov/news-events/press-announcements/fda-concludes-existing-regulatory-frameworks-foods-and-supplements-are-not-appropriate-cannabidiol

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。標高1,000mの山の中で井戸を掘り、湧き水と共に家族で農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。ワクワクするスタートアップにシードからレイターまで投資ラウンド問わず投資したいため、起業家との出会い募集中。

Recent Articles

ジャージー島、大麻の少量所持を非犯罪化

2月7日、イギリス海峡に浮かぶジャージー島の議会は、大麻の少量所持を事実上非犯罪化する法案を可決しました。 チャンネル諸島最大の島であるジャージー島は英国王室の直轄地ですが、強い自治...

世界の大麻合法化状況

現在、大麻はどの地域で、医療用や嗜好用、どのカテゴリーで合法や非犯罪化なのでしょうか?現在の世界の状況をまとめております。