FBI、24回以上のマリファナ使用は捜査官候補から外れると発表

FBI、24回以上のマリファナ使用は捜査官候補から外れると発表

/

FBI(Federal Bureau of Investigation:連邦捜査局は今年、雇用資格条件の大麻に関する規定を「過去3年以内に大麻を使用していないこと」から「採用申請日1年以内に大麻を使用していないこと」に条件を緩和していました。

最近になり、FBIは再び雇用資格条件の大麻に関する規定を更新し、FBIのホームページで公開しています。

更新内容は、18歳になってから、使用した場所が合法か否かに関わらず24回以上大麻を使用した場合、FBI捜査官候補者として不適格であるという規定の追加です。

 

なぜFBIが新たに回数制限を加えたか、何を持って1回なのか、なぜ24回なのかは不明です。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。標高1,000mの山の中で井戸を掘り、湧き水と共に家族で農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。ワクワクするスタートアップにシードからレイターまで投資ラウンド問わず投資したいため、起業家との出会い募集中。

Recent Articles

ジャージー島、大麻の少量所持を非犯罪化

2月7日、イギリス海峡に浮かぶジャージー島の議会は、大麻の少量所持を事実上非犯罪化する法案を可決しました。 チャンネル諸島最大の島であるジャージー島は英国王室の直轄地ですが、強い自治...

世界の大麻合法化状況

現在、大麻はどの地域で、医療用や嗜好用、どのカテゴリーで合法や非犯罪化なのでしょうか?現在の世界の状況をまとめております。