FBI、24回以上のマリファナ使用は捜査官候補から外れると発表

FBI、24回以上のマリファナ使用は捜査官候補から外れると発表

/

FBI(Federal Bureau of Investigation:連邦捜査局は今年、雇用資格条件の大麻に関する規定を「過去3年以内に大麻を使用していないこと」から「採用申請日1年以内に大麻を使用していないこと」に条件を緩和していました。

最近になり、FBIは再び雇用資格条件の大麻に関する規定を更新し、FBIのホームページで公開しています。

更新内容は、18歳になってから、使用した場所が合法か否かに関わらず24回以上大麻を使用した場合、FBI捜査官候補者として不適格であるという規定の追加です。

 

なぜFBIが新たに回数制限を加えたか、何を持って1回なのか、なぜ24回なのかは不明です。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。標高1,000mの山の中で井戸を掘り、湧き水と共に家族で農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。ワクワクするスタートアップにシードからレイターまで投資ラウンド問わず投資したいため、起業家との出会い募集中。

Recent Articles

米国医師会、違法薬物の非犯罪化を支持

現地時間6月12日、米国医師会(AMA)はシカゴで開催された年次総会において、違法薬物の非犯罪化を正式に支持する決議案を採択しました。 米国医師会は世界で最も権威ある医学会の1つであり、...

THC使用が終末期患者の生存期間延長と関連

ドイツの終末期患者のデータを分析した結果、THC治療を受けていた患者ではそれ以外の患者よりも生存期間が長かったことが明らかにされました。論文は「Medical Cannabis and Cannabinoids」...

南アフリカ、嗜好用大麻を合法化

現地時間5月28日、南アフリカ共和国のシリル・ラマポーザ(Cyril Ramaphosa)大統領は個人使用目的での大麻の所持・栽培を認める「私用目的の大麻法(Cannabis for Private Purposes Bill)」に...