ヘンプとマリファナの違いとは?

世界の多くの国で健康や美容のためのヘンプ製品が店頭に並び、ヘンプはトレンドの中心にもなっています。

そのトレンドの波は日本にも波及しており、ヘンプシード、ヘンプオイル、CBDなどを見たり聞いたりすることも増えたのではないでしょうか?

日本では、「ヘンプは良いもの」で「マリファナは悪いもの」と捉えられていることもあったり、ヘンプとマリファナは違う植物だと認識されている方もいらっしゃるようです。

ヘンプとマリファナの違いは何か?について、解説していきます。

ヘンプとマリファナの違い

ヘンプとマリファナは、どちらもアサ科アサ属に分類される、大麻(学名:カンナビス・サティバ・エル)と呼ばれる植物のことです。

違いは、大麻に含まれるカンナビノイドと呼ばれる成分の一つ、「THCの量」です。THCは、昨今医療効果など様々なことが分かってきており合法な国や地域では医療大麻としてTHCを治療に使用していますが、人が「ハイな気分」になる精神活性成分のことです。日本では、嗜好用、医療用、どちらも厳しく規制されています。

主に大麻合法国において、THCの量によって、名称が定められ始めました。「ヘンプの定義」は、実は各国によって違っており”ヨーロッパではTHC0.2%以下“、”アメリカ・カナダではTHC0.3%以下の大麻をヘンプと定義し、「産業用ヘンプ」とも呼ばれています。

国ごとに規程されたTHCの量以上の大麻のことを「マリファナ」と呼んでいます。日本においては、THCの量の定めが法律にないため、現時点では法律上のヘンプの定義は存在していません。

植物としては、どちらも区別はありませんが、法律的に区別されています。現在の世界各国の合法化に伴って、娯楽や薬用として、繊維などとしてと分けて管理するためには名称を分けることは必要なのかもしれません。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外の大麻企業に投資家として関わる。会社を売却し標高1,000mの山の中で井戸を掘り、湧き水と共に家族で農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

Recent Articles

CBDの抗てんかん作用に腸内細菌が関与か

大麻に含まれる成分CBDは抗てんかん作用を有することで知られており、この成分を高濃度に含有した医薬品「エピディオレックス」による治験が日本でも行われようとしています。ですが、CBDに...

THCAとは?

THCA(テトラヒドロカンナビノール酸)はTHCの前駆体となる酸性カンナビノイドです。THCAを熱・高温・光などにより脱炭酸させると、中性カンナビノイドであるTHCに変換されます。 そのた...

CBDVとは?

CBDV(カンナビジバリン)は1969年に初めて単離されたカンナビノイドで、天然の大麻草に少量しか含まれていない「マイナーカンナビノイド」に該当します。 CBDVの発見は50年以上も前ですが...

不安

「明日のプレゼンうまくいくかな」 「本番で失敗しないかな」 日常生活や仕事の様々な場面において、私たちは不安を感じる瞬間があります。 基本的に不安によって生活に支障が出ることはありませ...