米ウェストバージニア州、ついに医療用大麻販売解禁

米ウェストバージニア州、ついに医療用大麻販売解禁

/

ウェストバージニア州では、2017年に医療用大麻を合法化。しかし、合法化4年後の2021年まで販売プログラムを開始できておらず合法的に入手できる環境はありませんでした。

そんなウェストバージニア州でついに、初の医療用大麻ディスペンサリーがオープンしました。

初めてウェストバージニア州で販売する事業者となったのは、トゥルーリーブ(Trulieve)社です。

トゥルーリーブは、栽培から販売までを一貫して行う垂直統合型の大麻企業として米国の11州で事業を展開しており、上場企業としてCSE(カナダ証券取引所)ではTRUL、米国OTCQX市場ではTCNNFで取引されています。

トゥルーリーブは、2021年2月にウェストバージニア州から4つのディスペンサリーの開業許可を得ました。7月にはウェストバージニア州ハンティントンにある10万平方フィートの施設で医療用大麻の栽培を開始しています。

11月12日にトゥルーリーブ・モーガンタウン(Trulieve Morgantown)がオープンし、テープカットのセレモニーが行われました。

ウェストバージニア州で最初の患者となった退役軍人のロナルド・フライ軍曹(写真:トゥルーリーブ)

トゥルーリーブ社のCEOのキム・リバーズ(Kim Rivers)氏は、プレスリリースで「ウェストバージニア州で最初に市場に参入し、医療用大麻市場の基盤を構築していくことに興奮しています。私たちのチームは先駆者としての優位性を活かして持続可能な雇用を創出し、社会的に排除されていたコミュニティに投資することで地域経済を活性化することを特に望んでいます。この日を待ち望んでいたウェストバージニア州の患者さんに、他に類を見ない小売体験と安全で効果的な治癒のために信頼できる高品質の医療用大麻製品を提供できることを楽しみにしています」と述べています。

石井 竜馬

海外の大麻企業(栽培・加工・販売免許を保持して6年目)に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴19年。

↓ おひねりお待ちしてます。

コメントする

Your email address will not be published.

Recent Articles

Uber EatsでTokyo Smokeの大麻の注文が可能に

Uber Eatsは、カナダのオンタリオ州で大麻の注文を受けることをプレスリリースで発表しました。「cannabis」という新たなセクションを設け、Tokyo Smokeの商品を11月22日(月)より掲載し...