ロメオ・フェラーリ、ボディの一部に大麻繊維を採用
(写真:PURE ETCR)

ロメオ・フェラーリ、ボディに大麻繊維を採用

完全電気自動車に限定したカーレース「Pure ETCR」は、2021年6月に初めてのシーズンが開催されました。

10月15〜17日にフランスのポーアルノで行われた「Pure ETCR」の決勝戦の中でロメオ・フェラーリ(Romeo Ferraris)チームは、ジュリアETCR(Giulia ETCR)のボディ素材の一部に大麻繊維を使用し走行しました。

使用された大麻は、トルコ産のヘンプサテン”MJ 404/100″で、大麻繊維は環境に優しいだけでなく重量、弾力、抵抗力に優れているとロメオ・フェラーリはホームページに公開しています。

ロメオ・フェラーリチームの代表ミケーラ・チェルーティ(Michela Cerruti)氏は以下のように述べています

「ボディの一部に大麻繊維を使用することは、ジュリアETCRプロジェクトが改善と革新を常に追求していることを示しています。また、モータースポーツの将来の発展に重要な役割を果たすエコ・サステナビリティに具体的な貢献をしたいという願望でもあります。私たちロメオ・フェラーリは、PURE ETCRに挑戦することを即決しました。完全電気自動車は近い将来、日常的な自動車に搭載されるソリューションのテストとして機能します。このプロセスはモータースポーツに加えて、植物由来の最先端素材の開発にも繋がります。」

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外の大麻企業に投資家として関わる。会社を売却し標高1,000mの山の中で井戸を掘り、湧き水と共に家族で農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

Recent Articles

CBDの抗てんかん作用に腸内細菌が関与か

大麻に含まれる成分CBDは抗てんかん作用を有することで知られており、この成分を高濃度に含有した医薬品「エピディオレックス」による治験が日本でも行われようとしています。ですが、CBDに...

THCAとは?

THCA(テトラヒドロカンナビノール酸)はTHCの前駆体となる酸性カンナビノイドです。THCAを熱・高温・光などにより脱炭酸させると、中性カンナビノイドであるTHCに変換されます。 そのた...

CBDVとは?

CBDV(カンナビジバリン)は1969年に初めて単離されたカンナビノイドで、天然の大麻草に少量しか含まれていない「マイナーカンナビノイド」に該当します。 CBDVの発見は50年以上も前ですが...

不安

「明日のプレゼンうまくいくかな」 「本番で失敗しないかな」 日常生活や仕事の様々な場面において、私たちは不安を感じる瞬間があります。 基本的に不安によって生活に支障が出ることはありませ...