ロメオ・フェラーリ、ボディの一部に大麻繊維を採用
(写真:PURE ETCR)

ロメオ・フェラーリ、ボディに大麻繊維を採用

完全電気自動車に限定したカーレース「Pure ETCR」は、2021年6月に初めてのシーズンが開催されました。

10月15〜17日にフランスのポーアルノで行われた「Pure ETCR」の決勝戦の中でロメオ・フェラーリ(Romeo Ferraris)チームは、ジュリアETCR(Giulia ETCR)のボディ素材の一部に大麻繊維を使用し走行しました。

使用された大麻は、トルコ産のヘンプサテン”MJ 404/100″で、大麻繊維は環境に優しいだけでなく重量、弾力、抵抗力に優れているとロメオ・フェラーリはホームページに公開しています。

ロメオ・フェラーリチームの代表ミケーラ・チェルーティ(Michela Cerruti)氏は以下のように述べています

「ボディの一部に大麻繊維を使用することは、ジュリアETCRプロジェクトが改善と革新を常に追求していることを示しています。また、モータースポーツの将来の発展に重要な役割を果たすエコ・サステナビリティに具体的な貢献をしたいという願望でもあります。私たちロメオ・フェラーリは、PURE ETCRに挑戦することを即決しました。完全電気自動車は近い将来、日常的な自動車に搭載されるソリューションのテストとして機能します。このプロセスはモータースポーツに加えて、植物由来の最先端素材の開発にも繋がります。」

石井 竜馬

海外の大麻企業(栽培・加工・販売免許を保持して6年目)に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴19年。

↓ おひねりお待ちしてます。

コメントする

Your email address will not be published.

Recent Articles

EU、THC最大値0.3%への引き上げを最終決定

欧州連合(EU)は27の加盟国が存在し、欧州共通の政策を決定するための欧州議会が存在します。 THC最大値0.2%をヘンプ(産業用大麻)と定義しこれまで認めてきましたが、2020年10月に欧州...

ランボルギーニがCBD業界に進出

「ランボルギーニ(Lamborghini)」は、イタリアの高級自動車、スポーツカーブランドとして有名ですが、ライフスタイルブランドとして紳士服、サングラス、スーツケースなどのブランド展開や...