ジャスティン・ビーバーが大麻業界に参入

グラミー賞を2回受賞したアーティストであり、Instagramだけでも1億9800万人のフォロワーを持つなど、世界中に熱狂的なファンを抱えているポップミュージック界のスーパースターであるジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)。

Embed from Getty Images

そんな彼が、カリフォルニアに拠点を置く大麻企業Palms社とのコラボレーションによって独自の大麻製品ラインを立ち上げ、大麻業界に参入したとBloombergが報じています。

「PEACHES Pre-Rolls by Palms」という名で洗練されたスタイルのプレロールを現地時間10月4日から発売開始しました。

ジャスティンの最新アルバム『Justice』に収録されている “Peaches “という曲の中で、大麻について言及していることが、この製品の名前の由来になっています。

「私はPalms社のファンで、彼らが大麻を身近なものにしてくれていることに感謝しています。特に大麻が精神的な健康に役立つと考えている多くの人々のために貢献していることを高く評価しています。彼らと一緒に何か本物だと感じられることをしたいと思っていましたが、PEACHESはその出発点としてふさわしいと思いました」とジャスティンは述べています。

広報担当者は、このコラボレーションでの金銭的な条件については言及していません。

ジャスティン・ビーバーの大麻製品の売上の一部は、大麻に関連する犯罪で有罪判決を受けた人々の解放に取り組む「Last Prisoner Project」や、医療用大麻を提唱する退役軍人のグループ「Veterans Walk and Talk」の支援に使用されます。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。標高1,000mの山の中で井戸を掘り、湧き水と共に家族で農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。ワクワクするスタートアップにシードからレイターまで投資ラウンド問わず投資したいため、起業家との出会い募集中。

Recent Articles

スペイン、医療用大麻の規制草案を発表

2月14日、スペイン政府は医療用大麻の規制枠組みを定めた王室令(Royal Degree)の草案を発表。政府は3月4日までの間、この提案に対するパブリックコメントを募集しています。 スペイン下院の...

ジャージー島、大麻の少量所持を非犯罪化

2月7日、イギリス海峡に浮かぶジャージー島の議会は、大麻の少量所持を事実上非犯罪化する法案を可決しました。 チャンネル諸島最大の島であるジャージー島は英国王室の直轄地ですが、強い自治...

世界の大麻合法化状況

現在、大麻はどの地域で、医療用や嗜好用、どのカテゴリーで合法や非犯罪化なのでしょうか?現在の世界の状況をまとめております。