欧州連合が大麻の葉を伝統食品として正式に承認

欧州連合が大麻の葉を伝統食品として正式に承認

/

6月2日、欧州連合(EU)はヨーロッパ産業用ヘンプ協会(EIHA)が提案した新規食品規則の改正に合意。これにより、EU内で麻(ヘンプ)の葉は新規食品に該当せず、「伝統的な薬膳料理」として流通可能となりました。

EUは食の安全に対する危機感の高まりから、1997年に「新規食品規則」を導入。新規食品とは、1997年以前にほとんど消費されてこなかった食品のこと。新規食品をEU内で流通させるためには、安全性評価を受け、認可を得る必要があります。

欧州委員会は4年以上前、ヘンプの全ての部位を「新規食品」に分類。そのため、EU内でTHC0.3%未満の大麻製品を合法的に販売するには、事前に認可を受けなければなりません。

これに対し、ヨーロッパ産業用ヘンプ協会は改正を求める提案書を提出。提案書の中では、1997年以前から複数のEU加盟国で、ヘンプの葉を水で煎じたお茶など、ヘンプの葉が食品として消費されてきた証拠が提示されました。

その後、数ヶ月に渡る議論の末、欧州委員会はこの提案書に合意し、ヘンプの葉を新規食品から除外することを明確にしました。1961年の国際条約「麻薬に関する単一条約」でも、ヘンプの葉は麻薬に含まれないことが明確にされているため、今回の改正は国際法にも準じています。

改正内容は合意とともに即時発効。つまり、6月2日よりEU内では、他のハーブティーと同様、事前に認可を受けることなく、ヘンプの葉を煎じたお茶を市場で販売することが可能となっています。

ヨーロッパ産業用ヘンプ協会のダニエル・クルーゼ(Daniel Kruse)会長はプレスリリースで、「2022年にEIHAとして始めた取り組みがこのようなポジティブな結果をもたらしたことを嬉しく思います。これは私たちのセクターにとって重要な成果であり、麻という植物とその製品を標準化するためには、業界の総力を結集することが不可欠であることを明確に示しています」

「長年に渡り、EIHAはEU機関および加盟国との間で、新規食品規則について議論してきました。科学的根拠と歴史的事実が偏見に打ち勝ったことを嬉しく思います」とコメント。

同協会の事務局長であるロレンツァ・ロマネーゼ(Lorenza Romanese)氏は「これらの改正により、ヨーロッパ全土において、麻の実由来の食品や水煎じ用の麻の葉の自由市場をめぐるあらゆる疑念が解消され、切望されていた法的確実性がもたらされます。このことは、農家や事業者に収益をもたらすことになるでしょう」

「この前向きで建設的な取り組みにより、多くのEU諸国の事業者が誤解を招く解釈や差し押さえ、不必要な行政要件に悩まされることがなくなることを心から願っています」と述べています。

なお、ドイツの隣国であるチェコの農務省は4月下旬、ヘンプ由来のCBDやその他カンナビノイドの販売を6月から禁止することを発表。チェコは昨年、EUで初めてヘンプのTHC制限値を1.0%にまで引き上げたのに加え、今年4月半ばには嗜好用大麻の合法化計画を明らかにしていたため、この発表は多くの関係者を驚かせ、批判の対象となりました。

欧州委員会は2020年、CBDを新規食品とみなすことができると判断。前述したように、新規食品では徹底した安全性評価が行われますが、欧州食品安全機関(EFSA)は昨年6月、CBDは医療用としては許容できるものの、食品としてはその作用メカニズムの複雑さや薬との相互作用、潜在的なリスクから、現時点で安全性を確立することはできないと結論づけています。チェコにおけるCBD禁止の動きは、これに応じたものでした。

これに対しヨーロッパ産業用ヘンプ協会は、分離・合成・濃縮されたカンナビノイドは新規食品として分類されるべきだが、天然のヘンプ抽出物そのものに関しては伝統食品として扱われるべきだとし、欧州委員会に公式要請を提出しています。この中では、CBDを濃度に応じて伝統食品、新規食品、医薬品の3段階の安全システムを確立することも提案されています。

なお、チェコのCBD禁止騒動に関しては、5月にペトル・フィアラ(Pietr Fiala)首相が撤回を発表するも、引き続き具体的規制については再考するとしています。

European Industrial Hemp Association「Novel Food Catalogue updated to include leaves for herbal infusions as traditional food」https://eiha.org/wp-content/uploads/2023/06/PR-hemp-leaves-as-traditional-food-EIHA-eV.pdf

Cannabis Health News「Hemp tea no longer classed as Novel Food under EU law」https://cannabishealthnews.co.uk/2023/06/05/hemp-tea-no-longer-classed-as-novel-food-under-eu-law/

Business of Cannabis「Europe No Longer Views Cannabis Fan Leaves As A Novel Food In Major Win For Industry」https://businessofcannabis.com/europe-no-longer-views-cannabis-fan-leaves-as-a-novel-food-in-major-win-for-industry/

European Industrial Hemp Association「The EIHA calls Czech Republic to recognize natural hemp extracts as traditional food」https://eiha.org/wp-content/uploads/2023/05/PR-Submission-Article-4-EIHA1.pdf

Newsweed「Le gouvernement tchèque suspend son projet d’interdiction du CBD et étudiera une régulation spécifique」https://www.newsweed.fr/gouvernement-tcheque-suspend-projet-interdiction-cbd/

Expats cz「No more CBD? Czechia mulls ban on products containing hemp」https://www.expats.cz/czech-news/article/czechia-mulls-ban-on-products-containing-hemp

European Food Safety Authority 「Statement on safety of cannabidiol as a novel food: data gaps and uncertainties」https://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/7322

廣橋 大

精神病院に勤める現役看護師。2021年初頭より大麻使用罪造設に向けた動きが出たことをきっかけに、麻に関する情報発信をするようになる。「Smoker’s Story Project」インタビュアー。

Recent Articles

オランダが合法大麻の試験販売を12月より開始

オランダ政府は2023年12月15日より、合法的に大麻を販売する試験プログラムを一部都市で開始すると発表しました。 オランダでは一見大麻が合法のように思われますが、現時点で法的には違法とさ...

タイ新首相、嗜好用大麻への反対を表明

先月タイの新首相に就任したセーター・タウィーシン氏は、医療目的での大麻使用を認める政策は支持するものの、嗜好目的で大麻を使用することに対しては反対であるとの考えを明らかにしました...