大麻の税収はアルコールの税収を超える

大麻の税収はアルコールの税収を超える

- バークレイズが予測

現在米国では18州が嗜好用大麻を合法化していますが、国際的な金融グループ「バークレイズ(Barclays)」のストラテジスト(投資戦略専門家)によると2020年に170億ドル(約1兆9,200億円)を記録した米国での合法的な大麻の売上は、今年は270億ドル(約3兆円)まで拡大すると予想。また、2030年には約800億ドル(約9兆円)に達するとされています。

それにより、大麻の売上から得られる税収は2030年までに100億ドル(約1兆1,300億円)から120億ドル(約1兆3,600億円)になり、米国ではアルコールの税収を上回る可能性があると伝えています。

バークレイズ証券の地方自治体戦略部門責任者のミハイル・フォウ(Mikhail Foux)氏は、「パンデミックの影響は長期にわたっており、どこかで収益を上げる必要があります」と述べています。

また、カリフォルニア州は2021年の第1~3四半期に約10億ドル(約1135億円)の大麻による税収を得ており、前年同期比で21%増となっています。

カリフォルニア州と同規模の売上が期待されているニューヨーク州は今年嗜好用大麻を合法化。2022年から販売が解禁となると期待されています。

source Fortune

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外の大麻企業に投資家として関わる。会社を売却し標高1,000mの山の中で井戸を掘り、湧き水と共に家族で農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

Recent Articles

CBDの抗てんかん作用に腸内細菌が関与か

大麻に含まれる成分CBDは抗てんかん作用を有することで知られており、この成分を高濃度に含有した医薬品「エピディオレックス」による治験が日本でも行われようとしています。ですが、CBDに...

THCAとは?

THCA(テトラヒドロカンナビノール酸)はTHCの前駆体となる酸性カンナビノイドです。THCAを熱・高温・光などにより脱炭酸させると、中性カンナビノイドであるTHCに変換されます。 そのた...

CBDVとは?

CBDV(カンナビジバリン)は1969年に初めて単離されたカンナビノイドで、天然の大麻草に少量しか含まれていない「マイナーカンナビノイド」に該当します。 CBDVの発見は50年以上も前ですが...

不安

「明日のプレゼンうまくいくかな」 「本番で失敗しないかな」 日常生活や仕事の様々な場面において、私たちは不安を感じる瞬間があります。 基本的に不安によって生活に支障が出ることはありませ...