大麻の税収はアルコールの税収を超える

大麻の税収はアルコールの税収を超える

- バークレイズが予測

現在米国では18州が嗜好用大麻を合法化していますが、国際的な金融グループ「バークレイズ(Barclays)」のストラテジスト(投資戦略専門家)によると2020年に170億ドル(約1兆9,200億円)を記録した米国での合法的な大麻の売上は、今年は270億ドル(約3兆円)まで拡大すると予想。また、2030年には約800億ドル(約9兆円)に達するとされています。

それにより、大麻の売上から得られる税収は2030年までに100億ドル(約1兆1,300億円)から120億ドル(約1兆3,600億円)になり、米国ではアルコールの税収を上回る可能性があると伝えています。

バークレイズ証券の地方自治体戦略部門責任者のミハイル・フォウ(Mikhail Foux)氏は、「パンデミックの影響は長期にわたっており、どこかで収益を上げる必要があります」と述べています。

また、カリフォルニア州は2021年の第1~3四半期に約10億ドル(約1135億円)の大麻による税収を得ており、前年同期比で21%増となっています。

カリフォルニア州と同規模の売上が期待されているニューヨーク州は今年嗜好用大麻を合法化。2022年から販売が解禁となると期待されています。

source Fortune

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。標高1,000mの山の中で井戸を掘り、湧き水と共に家族で農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。ワクワクするスタートアップにシードからレイターまで投資ラウンド問わず投資したいため、起業家との出会い募集中。

Recent Articles

ジャージー島、大麻の少量所持を非犯罪化

2月7日、イギリス海峡に浮かぶジャージー島の議会は、大麻の少量所持を事実上非犯罪化する法案を可決しました。 チャンネル諸島最大の島であるジャージー島は英国王室の直轄地ですが、強い自治...

世界の大麻合法化状況

現在、大麻はどの地域で、医療用や嗜好用、どのカテゴリーで合法や非犯罪化なのでしょうか?現在の世界の状況をまとめております。