WHOがクラトムの国際的禁止勧告を終了
クラトム(ミトラガイナ・スペシオーサ)

WHOがクラトムの国際的禁止勧告を終了

東南アジア原産のコーヒー科の植物である「クラトム(Kratom)(日本での省令名:ミトラガイナ・スペシオーサ)」について、解禁派・規制派で論争が起こっていました。

処方箋オピオイドに代わる安全な天然の鎮痛剤としての痛み止めや薬物中毒の治療なのか、中毒性のあるドラッグなのかです。

国連機関である世界保健機関(WHO)が、科学的検証の結果、クラトムの批判的なレビューを推奨しないと発表しました。これによって現時点では、国際的な禁止勧告は事実上終了します。

12月1日にWHOの依存性薬物専門家委員会(ECDD:Executive Committee on Drug Dependency)が発表した書面はこちら(英文)

 

今年7月WHOは、10月のECDD第44回目の会合でクラトムを批判的に検討すると発表していました。

その後、米国食品医薬品局(FDA)は、米国民からクラトムについてのパブリックコメントを募集。そこには、7万件を超えるパブリックコメントが提出され、そのほとんどはクラトム禁止勧告に反対するものでした。

10月には、フロリダ大学のクリストファー・マッカーディ(Christopher McCurdy)博士や、ドイツの毒物学者でありハームリダクションの提唱者であるファビアン・ピッター・スタインメッツ( Fabian Pitter Steinmetz)博士など複数の科学者がECDDで、クラトムやクラトムの成分の規制物質リスト化に反対する証言を行いました。スタインメッツ博士は「この機会にWHOに薬物政策は馬鹿げていると伝えました。もしクラトムを禁止するとしたら、さらに馬鹿げたことになるでしょう」とクラトムサイエンス誌に語っています。

東南アジアの国タイでは、今年8月にクラトムを合法化しています。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外のヘンプ企業・医療用大麻企業に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

↓ おひねりお待ちしてます。

Recent Articles

大麻成分CBDA、肥満症に対し有効性を示す

2022年5月17日、CBDA(カンナビジオール酸)が肥満症に対し有効性を示した論文が、イスラエルの研究者らにより公開されました。 近年、世界的に欧米食中心の食生活が広まり、加えて技術進...

CBDが新型コロナ重症化を早期から抑制か

2022年5月16日、CBD(カンナビジオール)を主成分とした大麻抽出物「CBD-X(詳しくは後述)」が新型コロナウイルス感染による重症化を早期から抑制する可能性を示した論文がイスラエルの研...

光線力学的療法(PDT)とCBD

日本人の死因の第一位となっている、がん。 がんの主な治療は手術、化学療法、放射線療法ですが、これらの標準治療には侵襲や副作用がついて回り、高齢者では治療を受けるのが難しい場合があ...