タリバン、オーストラリアの企業と大麻栽培の契約を発表

タリバン、オーストラリアの企業と大麻栽培の契約を発表

しかし、オーストラリアの企業は関与を否定。

アフガニスタン政権の歴史
2001年
・アメリカ同時多発テロ

・首謀者であるオサマ・ビンラディン容疑者をかくまう

・それに伴い、アメリカが軍事参戦し、アフガニスタンを空爆

・実質タリバン政権崩壊、アフガニスタン新政府発足

・2021年
・アフガニスタンに駐在するアメリカ軍の撤退開始

・タリバンが再びアフガニスタンを制圧

アフガニスタンのタリバン政権は12日、オーストラリアのCpharm社と契約して大麻を栽培・製造すると発表しましたが、Cpharm社はこのプロジェクトへの関与を否定しています。

タリバン政権によると、Cpharm社から4億5000万ドルもの資金提供を受け、大麻生産工場を設立することに同社と合意をしたと述べています。

しかし、Cpharm社は、「一体なんのことを話しているのかわからない。」と述べ、更に、プレスリリースで「当社は製造も供給もしておらず、オーストラリア国内の製薬業界に医療アドバイスサービスを提供しています。当社は、大麻やタリバンとは何の関係もありません。タリバンのメディアソースがどこから来たのかはわかりませんが、タリバンとCpharm Pty Ltd Australiaは無関係であることを皆さんに保証したいと思います」と述べています。

アフガニスタン内務省の公式ツイッター(日本語訳)

昨日、内務省麻薬対策副大臣はCpharm社の代表と会合を行い、Cpharm社は大麻生産工場を設立するため4億5000万ドルを資金提供します。

大麻生産工場にて医薬品やクリームなどが製造される予定で、このプロジェクトを通して、たくさんの雇用を生み出すことになるでしょう。

タリバン政権とオーストラリアのCpharm社、双方異なることを発表しているため、詳しいことがわかり次第、ASA Magazineを通して発信していきます。

私たちの使命
大麻に関する誤って植え付けられた知識を正し、救われるべき人が救われる社会にする

━━━━━━━━━━

私たちのビジョン
日本国内で公共的な大麻メディアサイトとなる

Taichi

大学在学中、日本に居続けることは勿体ないと感じ、オーストラリアに1年間語学留学。その際に、バックパックでニンビンに訪れ、「麻」に出会う。帰国後、日本社会に窮屈さを感じ、「麻」の本質を多くの人に知ってもらいたい思いで情報発信中。

Recent Articles

CBDの抗てんかん作用に腸内細菌が関与か

大麻に含まれる成分CBDは抗てんかん作用を有することで知られており、この成分を高濃度に含有した医薬品「エピディオレックス」による治験が日本でも行われようとしています。ですが、CBDに...

THCAとは?

THCA(テトラヒドロカンナビノール酸)はTHCの前駆体となる酸性カンナビノイドです。THCAを熱・高温・光などにより脱炭酸させると、中性カンナビノイドであるTHCに変換されます。 そのた...

CBDVとは?

CBDV(カンナビジバリン)は1969年に初めて単離されたカンナビノイドで、天然の大麻草に少量しか含まれていない「マイナーカンナビノイド」に該当します。 CBDVの発見は50年以上も前ですが...

不安

「明日のプレゼンうまくいくかな」 「本番で失敗しないかな」 日常生活や仕事の様々な場面において、私たちは不安を感じる瞬間があります。 基本的に不安によって生活に支障が出ることはありませ...