(写真:Cann)

人気女優ケイト・ハドソンが大麻飲料のプロモーションに出演

/

人気女優のケイト・ハドソン(Kate Hudson)が、大麻飲料ブランド「Cann」のプロモーション動画に出演しました。

「Cann」とケイト・ハドソン自身のブランド「King St Vodka」とのコラボレーションによる「Cann Unspiked and King St Vodka Christmas gift pack」の発売を記念してプロモーションは行われ、アルコールと大麻を安全に混ぜることができることを伝えています。

Cann Unspiked and King St Vodka Christmas gift pack

ケイト・ハドソンは、元NBAのスター選手バロン・デイビス(Baron Davis)と一緒に出演しています。

「ほとんどの人は、バロンと私が高校時代に仲良しだったことを知りませんから、一緒に楽しむことができて、とてもエキサイティングです。「King St Vodka」と「Cann Cranberry Sage」のミックスは私たちが一緒にお祝いするお気に入りの方法のひとつで、まさに完璧なホリデー・ドリンクです。」とケイト・ハドソンは語っています。

Cannの共同設立者であるルーク・アンダーソン(Luke Anderson)は、「Cannはアルコールの代替飲料を目的としていますが、特別な機会に『screw it(もうどうでいいや)』となるためのブランドでもあります。大麻とアルコールのミックスは過去に悪い評判がありましたが、両方を慎重にコントロールすれば、楽しく贅沢で安全な体験ができると考えています。」と述べています。

デイビスはハドソンに「You need a drink(一杯飲んだほうがいいよ)」と言い、「Maybe two(二杯でも)」と付け加えました。

デイビスがCannの大麻ドリンクを持ってきたことを伝えると、ハドソンはすでに彼の一歩先を行っており、綺麗に並べられたCannとKing St Vodkaを披露。

「If you really want to elevate your drinking experience, you can mix Cann with King St. vodka(もし、本当に楽しみたいのなら、CannとKing St Vodkaを混ぜるといい)」とハドソンは提案。

デイビスはすぐに同意したものの、口をつけようとした時に「Can we still party this hard?(こんなにハードなパーティーをして大丈夫?)」とハドソンに問いかけます。

するとハドソンは、「We were born to party(私たちはパーティーをするために生まれてきたのよ)」と答え、その後はホリデーソングのビートに合わせ、楽しみました。

音楽は、ダレン・クリス(Darren Criss)が担当し、ダレンは動画の中にも登場しています。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外のヘンプ企業・医療用大麻企業に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

↓ おひねりお待ちしてます。

Recent Articles

てんかん

もし、自分の子どもが薬でコントロールできないてんかんになったら、どうしますか? 抗てんかん薬には色々なものが登場してきており、約7割の発作は抑制することができるようになっています。...

70年ぶりに日本語ルール変更へ

文化庁の文化審議会は1月7日、国家公務員の文書作成の手引きとなる「公用文作成の考え方」を取りまとめ、文部科学大臣に建議しました。 ※ 建議とは、意見を申し立てること 公用文作成の基準が...

Web3.0と大麻業界

Web1.0から現在のWeb2.0、次はブロックチェーンなどの分散型ネットワークによってWeb3.0へ。仮想通貨、DeFi、NFT、GameFi、メタバース、DAOは大麻業界も変革するかもしれない。

フランス、法改正により花と葉のCBDを禁止

フランス政府は、CBDについての規制の改正を実施し、2021年12月31日に官報に掲載しました。 掲載された内容によると、「chanvre(ヘンプ)」の生の花や葉を「すべての形態で、単独で、または...