大麻販売店「Budway」商標権侵害でサンドイッチチェーン「Subway」に支払い命令

米国連邦裁判所は、バンクーバーの大麻販売店「Budway」が、サンドイッチチェーン「Subway」の商標権を侵害したとして、32,000米ドルの支払いを命じました。

Budway社のロゴは、文字の上に矢印があり、2色の配色であることから、Subway社のロゴと酷似しています。

判決では、BudwayとSubwayは、商標の単語要素が類似、文字や発音に明らかな類似性があると判事が説明し、Budway社には罰金の支払い、現在の名称の使用中止、すべての看板、パッケージ、ラベル、商品、広告物を引き渡すか破壊するよう命じました。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外の大麻企業に投資家として関わる。会社を売却し標高1,000mの山の中で井戸を掘り、湧き水と共に家族で農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

Recent Articles

CBDの抗てんかん作用に腸内細菌が関与か

大麻に含まれる成分CBDは抗てんかん作用を有することで知られており、この成分を高濃度に含有した医薬品「エピディオレックス」による治験が日本でも行われようとしています。ですが、CBDに...

THCAとは?

THCA(テトラヒドロカンナビノール酸)はTHCの前駆体となる酸性カンナビノイドです。THCAを熱・高温・光などにより脱炭酸させると、中性カンナビノイドであるTHCに変換されます。 そのた...

CBDVとは?

CBDV(カンナビジバリン)は1969年に初めて単離されたカンナビノイドで、天然の大麻草に少量しか含まれていない「マイナーカンナビノイド」に該当します。 CBDVの発見は50年以上も前ですが...

不安

「明日のプレゼンうまくいくかな」 「本番で失敗しないかな」 日常生活や仕事の様々な場面において、私たちは不安を感じる瞬間があります。 基本的に不安によって生活に支障が出ることはありませ...