大麻販売店「Budway」商標権侵害でサンドイッチチェーン「Subway」に支払い命令

米国連邦裁判所は、バンクーバーの大麻販売店「Budway」が、サンドイッチチェーン「Subway」の商標権を侵害したとして、32,000米ドルの支払いを命じました。

Budway社のロゴは、文字の上に矢印があり、2色の配色であることから、Subway社のロゴと酷似しています。

判決では、BudwayとSubwayは、商標の単語要素が類似、文字や発音に明らかな類似性があると判事が説明し、Budway社には罰金の支払い、現在の名称の使用中止、すべての看板、パッケージ、ラベル、商品、広告物を引き渡すか破壊するよう命じました。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外のヘンプ企業・医療用大麻企業に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

↓ おひねりお待ちしてます。

Recent Articles

大麻成分CBDA、肥満症に対し有効性を示す

2022年5月17日、CBDA(カンナビジオール酸)が肥満症に対し有効性を示した論文が、イスラエルの研究者らにより公開されました。 近年、世界的に欧米食中心の食生活が広まり、加えて技術進...

CBDが新型コロナ重症化を早期から抑制か

2022年5月16日、CBD(カンナビジオール)を主成分とした大麻抽出物「CBD-X(詳しくは後述)」が新型コロナウイルス感染による重症化を早期から抑制する可能性を示した論文がイスラエルの研...

光線力学的療法(PDT)とCBD

日本人の死因の第一位となっている、がん。 がんの主な治療は手術、化学療法、放射線療法ですが、これらの標準治療には侵襲や副作用がついて回り、高齢者では治療を受けるのが難しい場合があ...