大手製薬会社ファイザーが約7600億円で企業買収し大麻産業に参入
ニューヨーク・マンハッタン・42丁目にあるファイザー本社(撮影日:2021年4月20日、撮影者Molly Woodward)

大手製薬会社ファイザーが約7600億円で企業買収し大麻産業に参入

/

世界的な大手製薬会社ファイザー(Pfizer)社がアリーナ・ファーマシューティカルズ(Arena Pharmaceuticals)社を買収する最終合意書を締結したことをプレスリリースで12月13日に発表しました。

ファイザーは、アリーナファーマの全発行済み株式を1株あたり100ドルで全額現金で取得し、株式総額は約67億ドル(約7600億円)となります。

アリーナ・ファーマは、カンナビノイド系の治療薬の開発も行っており、大麻バイオテック事業の中核は「Olorinab(APD371)」という治験薬候補の研究開発です。これは、CB2受容体に作用し主に消化器系疾患に伴う内臓の痛みを中心とした様々な症状の治療を目的として研究されています。その他にも消化器系、皮膚系、循環器系の多様で有望な開発段階の非カンナビノイド系の治療薬候補を有しています。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外のヘンプ企業・医療用大麻企業に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

↓ おひねりお待ちしてます。

Recent Articles

てんかん

もし、自分の子どもが薬でコントロールできないてんかんになったら、どうしますか? 抗てんかん薬には色々なものが登場してきており、約7割の発作は抑制することができるようになっています。...

70年ぶりに日本語ルール変更へ

文化庁の文化審議会は1月7日、国家公務員の文書作成の手引きとなる「公用文作成の考え方」を取りまとめ、文部科学大臣に建議しました。 ※ 建議とは、意見を申し立てること 公用文作成の基準が...

Web3.0と大麻業界

Web1.0から現在のWeb2.0、次はブロックチェーンなどの分散型ネットワークによってWeb3.0へ。仮想通貨、DeFi、NFT、GameFi、メタバース、DAOは大麻業界も変革するかもしれない。

フランス、法改正により花と葉のCBDを禁止

フランス政府は、CBDについての規制の改正を実施し、2021年12月31日に官報に掲載しました。 掲載された内容によると、「chanvre(ヘンプ)」の生の花や葉を「すべての形態で、単独で、または...