現在14歳以下の人は一生タバコが買えないように

現在14歳以下の人は一生タバコが買えないように

- ニュージーランドの新法案

/

禁煙推進国であるニュージーランドでは、2011年3月にニュージーランド政府によって「Smokefree New Zealand 2025」という方針を定め、2025年までにタバコを吸う人口を5%以下にするという目標を掲げていました。

ニュージーランドではタバコは18歳からとしていますが、2025年に18歳を迎える現在14歳以下の人々が一生涯タバコを買えないようにする法律を導入するとニュージーランド保健省副大臣アイーシャ・ヴァーラル(Ayesha Verrall)氏が12月9日に発表しました。

タバコの年齢制限を徐々に引き上げ、将来すべての人々がタバコを購入できないようにすることを計画しています。この計画には、魅力的に見えないタバコのデザインへの変更、タバコ販売店の削減、ニコチン量を大幅に減らす、依存症から抜け出す支援なども含まれています。しかし、Vape(電子タバコ)の販売の制限は含まれていません。

「ニュージーランドでは、タバコの喫煙は予防可能な死の主な原因の一つで、がんの4分の1の原因です。喫煙率は減っていますが、目標に早く到達するために更にやらなければいけないことがあります」とヴァーラル氏は法制定の必要性を説明しています。

また、「タバコの税率の引き上げによる禁煙政策は一定の効果があるものの限界があり、これ以上の税率の引き上げはタバコを辞めたいと苦しむ人たちをさらに罰することになることからタバコフリー世代を作る新たな法律を導入する」としています。

法律は一定の準備期間を置いてから施行される予定です。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外のヘンプ企業・医療用大麻企業に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

↓ おひねりお待ちしてます。

Recent Articles

大麻成分CBDA、肥満症に対し有効性を示す

2022年5月17日、CBDA(カンナビジオール酸)が肥満症に対し有効性を示した論文が、イスラエルの研究者らにより公開されました。 近年、世界的に欧米食中心の食生活が広まり、加えて技術進...

CBDが新型コロナ重症化を早期から抑制か

2022年5月16日、CBD(カンナビジオール)を主成分とした大麻抽出物「CBD-X(詳しくは後述)」が新型コロナウイルス感染による重症化を早期から抑制する可能性を示した論文がイスラエルの研...

光線力学的療法(PDT)とCBD

日本人の死因の第一位となっている、がん。 がんの主な治療は手術、化学療法、放射線療法ですが、これらの標準治療には侵襲や副作用がついて回り、高齢者では治療を受けるのが難しい場合があ...