コンブチャで有名な大企業GT's Living FoodsがTHC飲料を発売
小売店で販売されているGT's Living Foods のコンブチャ

コンブチャで有名な大企業GT’s Living FoodsがTHC飲料を発売

/

健康飲料分野のメガブランド「GT’s Living Foods」が大麻業界に参入することになりました。

GT’s Living Foods社は世界のコンブチャ市場の半分のシェアを持つほどのコンブチャブランドであり、アメリカ、カナダ、ヨーロッパの55,000以上の小売店で販売されています。

コンブチャ(kombucha)とは?

欧米で話題となっているコンブチャは、昆布茶ではありません。

コンブチャとは、紅茶キノコのこと。更にややこしいのですが、紅茶キノコはキノコの種類ではありません。乳酸発酵によりキノコのような見た目の白く分厚い膜が出来るためそのように呼ばれています。菌がお茶のカフェインと糖分によってどんどん活性しコンブチャが出来上がります。コンブチャは善玉菌を増やして、腸内環境を整え、免疫力向上、美肌効果、疲労回復など様々な効果があると言われています。コンブチャ、コムブッカと呼ばれ、欧米では多くの場所で「kombucha drink」を見かけます。

コンブチャ(kombucha)とは?

欧米で話題となっているコンブチャは、昆布茶ではありません。

コンブチャとは、紅茶キノコのこと。更にややこしいのですが、紅茶キノコはキノコの種類ではありません。乳酸発酵によりキノコのような見た目の白く分厚い膜が出来るためそのように呼ばれています。菌がお茶のカフェインと糖分によってどんどん活性しコンブチャが出来上がります。コンブチャは善玉菌を増やして、腸内環境を整え、免疫力向上、美肌効果、疲労回復など様々な効果があると言われています。コンブチャ、コムブッカと呼ばれ、欧米では多くの場所で「kombucha drink」を見かけます。

12月8・9日に米国カリフォルニア州パームスプリングスで開催されている展示会「Hall of Flowers」でGT’s Living Foods社初の大麻含有飲料の製品ライン「Cannabliss」がお披露目されました。

「Cannabliss」MILD(PINA EXPRESS)とWILD(GINGER HAZE)写真:GT's Living Foods

GT’s Living Foods社の創業者兼CEOであるGT Dave氏からCannablissの成り立ちについて聞くと、THCはドラッグではなく薬であるという彼の情熱的な信念が伝わってきます。

「ハーバルウェルネスの分野で革新を続けている私たちは、食べ物や植物は薬であるという信念があり、その中で大麻という植物の力を無視することはできません。大麻という植物には素晴らしい価値があると心から信じています。」と述べています。

また、母親がガンと闘っていた時に化学療法による吐き気を抑えるためにマリファナを吸っていたことがきっかけで大麻には何か癒しの効果があるのではと考えたそうです。

「大麻は、私たちが生活の中に取り入れることのできる薬用食品のひとつとして、常に頭の片隅にありました。私は、母なる自然がすべてを知っていると信じているので化学的なものや人工的なものは避けています。母なる自然に勝るものはありません。自然は本当に世界で最も素晴らしく、最も賢いヒーラーなのです。」と述べています。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外のヘンプ企業・医療用大麻企業に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

↓ おひねりお待ちしてます。

Recent Articles

大麻成分CBDA、肥満症に対し有効性を示す

2022年5月17日、CBDA(カンナビジオール酸)が肥満症に対し有効性を示した論文が、イスラエルの研究者らにより公開されました。 近年、世界的に欧米食中心の食生活が広まり、加えて技術進...

CBDが新型コロナ重症化を早期から抑制か

2022年5月16日、CBD(カンナビジオール)を主成分とした大麻抽出物「CBD-X(詳しくは後述)」が新型コロナウイルス感染による重症化を早期から抑制する可能性を示した論文がイスラエルの研...

光線力学的療法(PDT)とCBD

日本人の死因の第一位となっている、がん。 がんの主な治療は手術、化学療法、放射線療法ですが、これらの標準治療には侵襲や副作用がついて回り、高齢者では治療を受けるのが難しい場合があ...