2025年には世界の大麻売上高は510億ドル(約5兆7,000億円)に達すると予測

2025年には世界の大麻売上高は510億ドル(約5兆7,000億円)に達すると予測

- New Frontier Data

New Frontier Dataが「The Global Cannabis Report : Growth & Trends Through 2025」と題した最新レポートを発表し、2025年には世界の大麻売上高は510億ドル(約5兆7,000億円)に達すると予測。

2019年に初めてThe Global Cannabis Reportが発表されてから、わずか2年の間に大麻を合法化している国の数は50から70に増え、嗜好用大麻を合法化している国は10カ国と2019年からほぼ2倍に増加しましたが、合法化と言っても国や地域によって規制の違いは大きく異なり、取るべきアプローチも異なります。

本レポートは、世界の大麻市場の現状を分析し、今後の動向を予測、数年間の世界の大麻産業で期待されることを包括的に123ページにわたってまとめられています。

石井 竜馬

海外の大麻企業(栽培・加工・販売免許を保持して6年目)に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴19年。

↓ おひねりお待ちしてます。

コメントする

Your email address will not be published.

Recent Articles

EU、THC最大値0.3%への引き上げを最終決定

欧州連合(EU)は27の加盟国が存在し、欧州共通の政策を決定するための欧州議会が存在します。 THC最大値0.2%をヘンプ(産業用大麻)と定義しこれまで認めてきましたが、2020年10月に欧州...

ランボルギーニがCBD業界に進出

「ランボルギーニ(Lamborghini)」は、イタリアの高級自動車、スポーツカーブランドとして有名ですが、ライフスタイルブランドとして紳士服、サングラス、スーツケースなどのブランド展開や...