有名大麻ブランド「Cookies」がヨーロッパ進出

有名大麻ブランド「Cookies」がヨーロッパ進出

- イギリス、オーストリアでディスペンサリーを展開

//

熱狂的ファンも多い米国の有名大麻ブランド「クッキーズ(Cookies)」は、イスラエルの大麻企業「インターキュア(InterCure)」との提携を通じてヨーロッパへの展開を開始することをプレスリリースで12月2日に発表しました。

インターキュア社はこれまでもクッキーズブランドの製品の栽培、製造を行ってきましたが、今回クッキーズブランドの医療用大麻ディスペンサリーをイギリスとオーストリアに設立する複数年契約を締結。2022年初頭から店舗展開が始まります。

Cookies Melrose(写真:Cookies)

クッキーズの社長パーカー・バーリング(Parker Berling)氏は、「新たな地域に参入するにあたり、お客様にはクッキーズの品質を信頼していただくことが重要です。私たちは、イギリスとオーストリアの皆様にお届けし、それぞれの地域でクッキーズが主役になることを楽しみにしています」と述べています。

インターキュアのCEOアレクサンダー・ラビノビッチ(Alexander Rabinovitch)氏は、「クッキーズは大麻業界において最も国際的に認知されているブランドの一つです。ヨーロッパへの拡大を進め、最高品質のグレードの大麻製品を提供することは当然のことです」と述べています。

 

About Cookies

クッキーズは、2008年に米国のベイエリアのラッパー兼起業家のバーナー(Berner)と大麻栽培者ジャイ(Jai)によってサンフランシスコのガレージで設立。2011年に表舞台に飛び出し、150種類以上の独自の大麻品種、様々な製品ラインをブランドの約束である「本物(Authenticity)」と「革新的な遺伝子(Innovative genetics)」に忠実に、ソーシャルメディアなどの影響力を組み合わせながら成長しました。ガール・スカウト・クッキー(GSC:Girl Scout Cookies)は、世界で最も人気のある大麻品種のひとつです。2021年にはAdageのAmerica’s Hottest Brandsの1つに選ばれました。これは、大麻ブランドとしては初めての栄誉です。

 

About InterCure

インターキュアは、北米以外の地域で、収益性高く急成長している大麻企業。インターキュアの完全子会社であるカンドック(Canndoc)社は、イスラエル最大の認可された大麻生産者であり、GMP認証を受けた医薬品グレードの医療用大麻製品を最初に提供した企業の一つです。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外の大麻企業に投資家として関わる。会社を売却し標高1,000mの山の中で井戸を掘り、湧き水と共に家族で農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

Recent Articles

CBDの抗てんかん作用に腸内細菌が関与か

大麻に含まれる成分CBDは抗てんかん作用を有することで知られており、この成分を高濃度に含有した医薬品「エピディオレックス」による治験が日本でも行われようとしています。ですが、CBDに...

THCAとは?

THCA(テトラヒドロカンナビノール酸)はTHCの前駆体となる酸性カンナビノイドです。THCAを熱・高温・光などにより脱炭酸させると、中性カンナビノイドであるTHCに変換されます。 そのた...

CBDVとは?

CBDV(カンナビジバリン)は1969年に初めて単離されたカンナビノイドで、天然の大麻草に少量しか含まれていない「マイナーカンナビノイド」に該当します。 CBDVの発見は50年以上も前ですが...

不安

「明日のプレゼンうまくいくかな」 「本番で失敗しないかな」 日常生活や仕事の様々な場面において、私たちは不安を感じる瞬間があります。 基本的に不安によって生活に支障が出ることはありませ...