大麻の抽出法3選

CBDなど大麻製品をすでに愛用されている方も、これから初めて手に取る方も、カンナビノイドが健康に役立つ成分として興味を持った方が多いのではないでしょうか。

大麻由来の成分の抽出法には種類があり効果にも違いがあるため、ご自身のニーズに合ったものを選んでみてください。

今回は、フルスペクトラム、ブロードスペクトラム、アイソレートを紹介していきます。

 

フルスペクトラム

フルスペクトラム(full spectrum)とは、「フル」という言葉の通り、大麻に含まれるカンナビノイド、テルペン、フラボノイド、アルカロイドなど全てが入っている抽出法のこと。

フルスペクトラムのメリット

特定の成分を抜いたり、特定の成分のみを残したものと比べて、成分同士の相乗効果によりアントラージュ効果が生まれると期待されています。

 

 

ブロードスペクトラム

ブロードスペクトラム(broad spectrum)とは、フルスペクトラムからTHCを抜いた抽出法のこと。

ブロードスペクトラムのメリット

ブロードスペクトラムの場合、CBDなど特定のカンナビノイドだけではなく他のカンナビノイド、テルペンなども摂取することができアントラージュ効果を得る事ができます。

その中でTHCは取り除かれて含まれていないので精神活性作用はなくハイになったり、検査でTHCが検出される心配がありません。

 

 

アイソレート

アイソレート(isolate)とは、特定の成分のみを抽出する方法のこと。

CBDアイソレートであれば、CBDのみを摂取することができます。

CBDアイソレートは、CBDを99.9%まで含む最も純粋なCBDの状態です。ダイヤモンドのような固体の形をしているため、CBDクリスタルと呼ばれています。

アイソレートのメリット

どのカンナビノイドを摂取しているかを正確に知ることができ、興味のないカンナビノイドを吸収する心配がありません。

 

 

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外のヘンプ企業・医療用大麻企業に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

↓ おひねりお待ちしてます。

Recent Articles

ノーマライゼーションとは?

「ノーマライゼーション(標準化)」とは福祉用語の1つであり、障がいや病気のある人でも健康な人と同様に生活を営むことを当然とする考え方や、それを目指した施策のことを指します。 例えば「...

大麻成分CBDA、肥満症に対し有効性を示す

2022年5月17日、CBDA(カンナビジオール酸)が肥満症に対し有効性を示した論文が、イスラエルの研究者らにより公開されました。 近年、世界的に欧米食中心の食生活が広まり、加えて技術進...

CBDが新型コロナ重症化を早期から抑制か

2022年5月16日、CBD(カンナビジオール)を主成分とした大麻抽出物「CBD-X(詳しくは後述)」が新型コロナウイルス感染による重症化を早期から抑制する可能性を示した論文がイスラエルの研...

光線力学的療法(PDT)とCBD

日本人の死因の第一位となっている、がん。 がんの主な治療は手術、化学療法、放射線療法ですが、これらの標準治療には侵襲や副作用がついて回り、高齢者では治療を受けるのが難しい場合があ...