2021年は大麻に関する科学論文数が過去最多

2021年は大麻に関する科学論文数が過去最多

現在、世界中の研究者によって大麻をテーマにした研究が行われ、数多くの科学論文が発表されています。

National Library of Medicine(PubMed.gov)でのキーワード検索の結果によると2021年は、12月の1ヶ月間を残し、11ヶ月間で過去最多の3,800の査読付き論文が発表されたとNORMLが伝えています。2020年は、当時の過去最多の3,500以上の査読付き論文が発表されています。

NORML(The National Organization for the Reform of Marijuana Laws(訳:全米大麻取締法改正機構))は、1970年に設立。

ワシントンD.C.に本部を置く非営利団体で、米国における医療用・非医療用の両方の大麻取締法の改革を提唱しています。

NORMLの副理事長ポール・アルメンターノ(Paul Armentano)氏は、「大麻はまだ十分な科学的検証を受けていないと主張する人もいますが、近年は大麻の研究に対する科学者の関心は飛躍的に高まり、大麻植物、有効成分、作用メカニズム、そして大麻使用者や社会に与える影響についての理解が深まっています。政治家やその他の人々は、”まだ分かっていないこと”という色メガネを通して大麻を評価するのを終わりにし、”分かっていること”を示す証拠に基づいて大麻や大麻政策について議論するべき時が来ています。」と述べています。

NORMLによると1980〜1989年の10年間で2,000以下、1990〜1999年の10年間で3,000以下であった論文数は、2000年以降急激に増加し、2010年以降は大麻に特化した査読付き論文は約27,000件発表されています。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外の大麻企業に投資家として関わる。会社を売却し標高1,000mの山の中で井戸を掘り、湧き水と共に家族で農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

Recent Articles

CBDの抗てんかん作用に腸内細菌が関与か

大麻に含まれる成分CBDは抗てんかん作用を有することで知られており、この成分を高濃度に含有した医薬品「エピディオレックス」による治験が日本でも行われようとしています。ですが、CBDに...

THCAとは?

THCA(テトラヒドロカンナビノール酸)はTHCの前駆体となる酸性カンナビノイドです。THCAを熱・高温・光などにより脱炭酸させると、中性カンナビノイドであるTHCに変換されます。 そのた...

CBDVとは?

CBDV(カンナビジバリン)は1969年に初めて単離されたカンナビノイドで、天然の大麻草に少量しか含まれていない「マイナーカンナビノイド」に該当します。 CBDVの発見は50年以上も前ですが...

不安

「明日のプレゼンうまくいくかな」 「本番で失敗しないかな」 日常生活や仕事の様々な場面において、私たちは不安を感じる瞬間があります。 基本的に不安によって生活に支障が出ることはありませ...