2021年は大麻に関する科学論文数が過去最多

2021年は大麻に関する科学論文数が過去最多

現在、世界中の研究者によって大麻をテーマにした研究が行われ、数多くの科学論文が発表されています。

National Library of Medicine(PubMed.gov)でのキーワード検索の結果によると2021年は、12月の1ヶ月間を残し、11ヶ月間で過去最多の3,800の査読付き論文が発表されたとNORMLが伝えています。2020年は、当時の過去最多の3,500以上の査読付き論文が発表されています。

NORML(The National Organization for the Reform of Marijuana Laws(訳:全米大麻取締法改正機構))は、1970年に設立。

ワシントンD.C.に本部を置く非営利団体で、米国における医療用・非医療用の両方の大麻取締法の改革を提唱しています。

NORMLの副理事長ポール・アルメンターノ(Paul Armentano)氏は、「大麻はまだ十分な科学的検証を受けていないと主張する人もいますが、近年は大麻の研究に対する科学者の関心は飛躍的に高まり、大麻植物、有効成分、作用メカニズム、そして大麻使用者や社会に与える影響についての理解が深まっています。政治家やその他の人々は、”まだ分かっていないこと”という色メガネを通して大麻を評価するのを終わりにし、”分かっていること”を示す証拠に基づいて大麻や大麻政策について議論するべき時が来ています。」と述べています。

NORMLによると1980〜1989年の10年間で2,000以下、1990〜1999年の10年間で3,000以下であった論文数は、2000年以降急激に増加し、2010年以降は大麻に特化した査読付き論文は約27,000件発表されています。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外のヘンプ企業・医療用大麻企業に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

↓ おひねりお待ちしてます。

Recent Articles

大麻成分CBDA、肥満症に対し有効性を示す

2022年5月17日、CBDA(カンナビジオール酸)が肥満症に対し有効性を示した論文が、イスラエルの研究者らにより公開されました。 近年、世界的に欧米食中心の食生活が広まり、加えて技術進...

CBDが新型コロナ重症化を早期から抑制か

2022年5月16日、CBD(カンナビジオール)を主成分とした大麻抽出物「CBD-X(詳しくは後述)」が新型コロナウイルス感染による重症化を早期から抑制する可能性を示した論文がイスラエルの研...

光線力学的療法(PDT)とCBD

日本人の死因の第一位となっている、がん。 がんの主な治療は手術、化学療法、放射線療法ですが、これらの標準治療には侵襲や副作用がついて回り、高齢者では治療を受けるのが難しい場合があ...