世界初、カナダの名門大学の校内に大麻販売店が今秋オープン

世界初、カナダの名門大学の校内に大麻販売店が今秋オープン

/

カナダ、ブリティッシュコロンビア州のバンクーバーにある名門大学「ブリティッシュコロンビア大学(UBC:The University of British Columbia)」の大学敷地内に、世界で初めて嗜好用大麻を販売するディスペンサリーがオープンすることとなりました。

大学が位置するメトロバンクーバー地域区理事会により営業の許可を与えられた販売店「Burb」によると、ブリティッシュコロンビア大学内での営業を申請した当初は近隣住民の反対する声も強く、学校内でのディスペンサリー運営の反対に1,900人もの署名が集まっていたと述べています。

それに対しBurbは、許可を得るために56,000人のブリティッシュコロンビア大学の生徒からなる母校協会(AMS:Alma Mater Society)からサポートを受けました。

大学から最寄りのディスペンサリーまでは2.5km離れており、大麻を購入するために生徒は大学から離れて買いに行かなければならず、多くのケースでは大学の近くでブラックマーケット(違法市場)の大麻を購入している場合がほとんどの様です。

Burbとバンクーバー市は、大学内にディスペンサリーを配置することにより、その様な非合法な取引が少なくなることに期待しています。

しかし、反対派は大学内でディスペンサリーの営業をすることにより、大学本来とは違った目的で人々がブリティッシュコロンビア大学にやってくる事を心配しています。

大学の敷地内で嗜好用大麻が販売されることは世界でも初めての試みであるため心配する声も少なくはありませんが、問題なく運営されることになれば、この様な動きも嗜好用大麻の利用に合わせて世界中に拡がっていくことが考えられます。

source PR Newswire

Shinji

カナダ在住。大麻メディア兼大麻関連事業コンサルティング「カンナビス・ジャパン・セントラル」の創設者。同社は日本を拠点とするCBD企業と国際的なパートナーや投資家のネットワークとしても機能する。

Recent Articles

CBDの抗てんかん作用に腸内細菌が関与か

大麻に含まれる成分CBDは抗てんかん作用を有することで知られており、この成分を高濃度に含有した医薬品「エピディオレックス」による治験が日本でも行われようとしています。ですが、CBDに...

THCAとは?

THCA(テトラヒドロカンナビノール酸)はTHCの前駆体となる酸性カンナビノイドです。THCAを熱・高温・光などにより脱炭酸させると、中性カンナビノイドであるTHCに変換されます。 そのた...