2022年夏、世界初の空港ターミナル内大麻ショップがオープン予定
プリンスジョージ空港(写真: YXS - Prince George Airport FB)

2022年夏、世界初の空港ターミナル内大麻ショップがオープン予定

/

カナダ、ブリティッシュコロンビア州プリンスジョージ市に位置するプリンスジョージ空港局(PGAA:Prince George Airport Authority)は、大麻小売企業「コーパイロット(Copilot)社」と共に2022年にプリンスジョージ空港内に大麻ショップをオープンする準備を進めていると1月7日に共同記者会見を開催し発表しました。

この大麻ショップは保安検査場よりも前のエリアに設置され、旅行者以外の利用も可能になる予定です。

コーパイロット社の商品やサービスは、カナダ連邦法やブリティッシュコロンビア州の規制を遵守しており、空港内に大麻ショップをオープンするための最終ステップはプリンスジョージ市からの承認となっています。

プリンスジョージ空港内の大麻ショップ「コーパイロット」のイメージ画像(画像:Copilot)

プリンスジョージ空港局のCEOゴードン・デューク(Gordon Duke)氏は、「コーパイロット社が承認を受ければ、私たちは喜んで歓迎します。」「コーパイロット社は2020年に、私たちの知る限り世界初の空港ターミナル内に大麻ショップをオープンするという提案を持ちかけてきました。コーパイロット社が入ることでお客様や地域の方々に提供するサービスが強化されると強く感じています。」と述べています。

コーパイロット社の創業者のリード・ホートン(Reed Horton)氏とオーウェン・リッツ(Owen Ritz)氏は、「プリンスジョージ空港は様々なビジネスモデルを試すのに十分な旅客数とフライト数がある空港規模であり、お客様の旅行をよりストレスのない、より楽しいものにするという使命を果たすのに最適な場所である。」と述べています。

ホートン氏は「空港のバーと同じような体験ができる」と語り、リッツ氏は「計画通りに進めば、今夏にプリンスジョージ空港内に世界初の空港内大麻ショップをオープンすることになります」と語っています。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外のヘンプ企業・医療用大麻企業に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

↓ おひねりお待ちしてます。

Recent Articles

てんかん

もし、自分の子どもが薬でコントロールできないてんかんになったら、どうしますか? 抗てんかん薬には色々なものが登場してきており、約7割の発作は抑制することができるようになっています。...

70年ぶりに日本語ルール変更へ

文化庁の文化審議会は1月7日、国家公務員の文書作成の手引きとなる「公用文作成の考え方」を取りまとめ、文部科学大臣に建議しました。 ※ 建議とは、意見を申し立てること 公用文作成の基準が...

Web3.0と大麻業界

Web1.0から現在のWeb2.0、次はブロックチェーンなどの分散型ネットワークによってWeb3.0へ。仮想通貨、DeFi、NFT、GameFi、メタバース、DAOは大麻業界も変革するかもしれない。

フランス、法改正により花と葉のCBDを禁止

フランス政府は、CBDについての規制の改正を実施し、2021年12月31日に官報に掲載しました。 掲載された内容によると、「chanvre(ヘンプ)」の生の花や葉を「すべての形態で、単独で、または...

うつ病

我が国において、うつ病の人がどれくらいいるのかご存知でしょうか? 経済協力開発機構(OECD)のメンタルヘルスに関する国勢調査によると、2013年時点では、国民の7.9%がうつ病あるいは抑...