はじめまして、Taichiです。

中野 太智

1998年3月26日生まれ

世界およそ90カ国の学生が在籍するスーパーグローバル大学卒業。

在学中にオーストラリアのメルボルンにて1年間の語学留学しつつ、オーストラリア大陸をバックパック。その旅の中でヒッピーカルチャーが根強く残っているニンビンに訪れ、「麻」に出会う。

帰国後、日本における「麻」に対しての考え方に疑問を抱き、日本社会の窮屈さを痛感。

大学卒業後、カナダもしくはヨーロッパに行く予定だったが、新型コロナウイルスの影響により断念。現在は、福岡市を拠点に活動中。

 

「麻」との出会い ー ニンビン ー

オーストラリアをバックパックで旅行を決めたときに、必ず訪れたい場所があった。

ゴールドコーストのバックパッカーズホステルに滞在中、その喫煙所で出会ったオーストラリア人と仲良くなりニンビンへの行き方を聞き、たまたま現地にいた地元の友達とレンタカーをしてニンビンに赴いた。

車から降りて実に3秒、ヒッピーおばあちゃんから「Hey You wanna buy?」と。

私は、翌日にはゴールドコーストを出発しないといけなかったため買わずに村を散策。かなり小さな村だった。

メインストリート(って言ってもかなり小さな通りだが)では、即興でバンド演奏が行われたり、路上でお土産やクッキーを売って皆幸せそうだった。

日本では違法とされている植物、しかし、ここでは当たり前。そのギャップに心を打たれ「麻」という植物の本質を知るようになる。

この記事を読まれている方はおそらく、大麻に興味がある方だと思います。日本は、大麻=ハードドラッグであるという認識が強く、「薬物、ダメゼッタイ」と謎のプロパガンダが存在しているため「合法化」と叫ぶ前に、まずはその古臭い考え方を払拭しすることが第一優先と考えております。

私自身でもヘンプメディアを運営していましたが、本サイトの創設者である石井さんから直接メールを頂き、ASA Magazine ファミリーの一員となることになりました。

これからどうぞよろしくお願い致します。

日本を変えましょう。

Taichi

Taichi

大学在学中、日本に居続けることは勿体ないと感じ、オーストラリアに1年間語学留学。その際に、バックパックでニンビンに訪れ、「麻」に出会う。帰国後、日本社会に窮屈さを感じ、「麻」の本質を多くの人に知ってもらいたい思いで情報発信中。

コメントする

Your email address will not be published.

Recent Articles

EU、THC最大値0.3%への引き上げを最終決定

欧州連合(EU)は27の加盟国が存在し、欧州共通の政策を決定するための欧州議会が存在します。 THC最大値0.2%をヘンプ(産業用大麻)と定義しこれまで認めてきましたが、2020年10月に欧州...

ランボルギーニがCBD業界に進出

「ランボルギーニ(Lamborghini)」は、イタリアの高級自動車、スポーツカーブランドとして有名ですが、ライフスタイルブランドとして紳士服、サングラス、スーツケースなどのブランド展開や...