エピディオレックス、乱用の危険性は極めて低いという研究結果

大麻由来医薬品エピディオレックス、乱用の危険性は極めて低い研究結果

2022年4月30日、エピディオレックスの乱用リスクを評価した論文が、アメリカの研究者らにより公開されました。

エピディオレックスは高濃度CBD(カンナビジオール)製剤で、認可された欧米諸国において難治性てんかんの治療薬として使用されています。

エピディオレックスはDEA(アメリカ麻薬取締局)においてスケジュールⅤの薬物に指定されています。なお、CBDの大元となる大麻は、スケジュールⅠの薬物に指定されています。

※DEAによる薬物のスケジュールはⅠ〜Ⅴに分類されており、数字が大きくなる(Ⅴに近づく)につれ、乱用リスクは低いとされる。

エピディオレックスは副作用として傾眠(眠くなり、ボーっとした状態)を認めることが多く、睡眠薬としてよく用いられるベンゾジアゼピン系薬(ほとんどがスケジュールⅣの薬物に指定)と似たような作用であることから、今回の研究で乱用の危険性が検討されました。

この研究はマウスとアカゲザルにおける基礎研究で、エピディオレックスの原薬(CBD98%)、ヘロイン(スケジュールⅠの薬物)、ミダゾラム(ベンゾジアゼピン系薬)を使用することで、エピディオレックスの乱用リスクについて包括的に評価されました。

その結果、エピディオレックスは乱用に至る危険性が極めて低いことが示されました。また、マウスに100mg/kgのCBDを慢性的に投与した後、20日間使用を中止しても、離脱症状が認められませんでした。これはエピディオレックスに身体的依存性がないことを示しています。

以上の結果から、エピディオレックスが乱用される危険性は無視できるレベルであると、研究者らは結論づけています。

CBDについては、人において1500mg/日の使用量でも忍容性が良好であったことが報告されています。

嗜好用薬物を多剤併用している健康な成人35名に対しCBD750mg、1500mg、4500mgを経口摂取してもらい、CBDの乱用の危険性を評価した2018年の研究では、CBD4500mgという治療外の高用量においても、他の薬物と比べて乱用のリスクが低いことが示されています。また、この研究においてみられた副作用は軽度〜中程度(下痢、傾眠、頭痛など)であり、重篤な副作用は認めれませんでした。

日本においても今後難治性てんかん患者に対し、エピディオレックスの治験が行われる予定です。アメリカにおいてスケジュールⅤの薬物に分類されてはいますが、大麻由来の薬ということで不安になる患者・家族が多いかもしれません。

今回の研究結果は、このような方々の不安を軽減するものになるのではないでしょうか。

廣橋 大

精神病院に勤める現役看護師。2021年初頭より大麻使用罪造設に向けた動きが出たことをきっかけに、麻に関する情報発信をするようになる。「Smoker’s Story Project」インタビュアー。

Recent Articles

大麻成分CBDA、肥満症に対し有効性を示す

2022年5月17日、CBDA(カンナビジオール酸)が肥満症に対し有効性を示した論文が、イスラエルの研究者らにより公開されました。 近年、世界的に欧米食中心の食生活が広まり、加えて技術進...

CBDが新型コロナ重症化を早期から抑制か

2022年5月16日、CBD(カンナビジオール)を主成分とした大麻抽出物「CBD-X(詳しくは後述)」が新型コロナウイルス感染による重症化を早期から抑制する可能性を示した論文がイスラエルの研...

光線力学的療法(PDT)とCBD

日本人の死因の第一位となっている、がん。 がんの主な治療は手術、化学療法、放射線療法ですが、これらの標準治療には侵襲や副作用がついて回り、高齢者では治療を受けるのが難しい場合があ...