ケンタッキー州知事、”今会期”での医療用大麻合法化可決を議会に求める

ケンタッキー州知事、”今会期”での医療用大麻合法化可決を議会に求める

/

嗜好・医療用ともに大麻が非合法となっているケンタッキー州。

昨年末、ケンタッキー州の活動家らは州会議事堂の通路を慢性疾患患者の写真で覆い、医療用大麻合法化の実現を願うアピールを実施。その後新年を迎え、1月4日より州議会の新たな会期がスタートしました。

ケンタッキー州知事であるアンディ・ベシア氏は州議会の年頭演説の中で、”今会期中”に医療用大麻の合法化法案を可決するよう議会に訴えかけました。

州知事は「ケンタッキー州には、PTSDで苦しんでいる退役軍人やがん患者のような、生命を脅かす慢性疾患で苦しんでいる人々が大勢いる」と述べ、その後、進行がんによる痛みで苦しんでいた1人の母親の話を取り上げました。

彼女の名前はチャシティ・ハーネイ。2019年、40歳の時にステージⅣの進行がんと診断。手術、放射線療法、化学療法といった治療に加え、強い痛みにより様々な種類の鎮痛剤が処方されましたが、十分な鎮痛効果を得ることができませんでした。しかし、彼女はついに痛みを和らげることに成功。その方法こそ、大麻のオイルを摂取することでした。

この話をした後、州知事は「チャシティのため、そして苦しんでいる他の全ての人たちのために、医療用大麻の合法化法案を成立させましょう!」と力強く呼びかけました。

ベシア氏は今年1月1日から、特定の条件を満たす患者に対して、医療用大麻の所持を8オンス(約226g)まで認める州知事命令を施行。同時に警察に対し、これらの人々を逮捕しないよう説明書きされた「パームカード」を配布しています。

ベシア氏はこの州知事命令が重要であるとし、その理由について「人々が軽犯罪を恐れることなく、必要な助けを得ることができるからだ」と述べています。

最後に。こちらは前述したチャシティ・ハーネイ氏が実際に医療用大麻について話した動画。この動画はアンディ・ベシア州知事のYouTubeチャンネルにアップロードされています。

Marijuana Moment「Kentucky Governor Calls On Lawmakers To Pass Medical Marijuana Legalization ‘This Session’ In Annual Speech」https://www.marijuanamoment.net/kentucky-governor-calls-on-lawmakers-to-pass-medical-marijuana-legalization-this-session-in-annual-speech/

Marijuana Moment「Kentucky Governor Educates Police About Medical Marijuana Executive Order As Activists Press Lawmakers To Pass A Comprehensive Bill」https://www.marijuanamoment.net/kentucky-governor-educates-police-about-medical-marijuana-executive-order-as-activists-press-lawmakers-to-pass-a-comprehensive-bill/

NORML「Kentucky: Governor Beshear Calls for Legalization of Medical Cannabis」https://norml.org/blog/2023/01/05/kentucky-governor-beshear-calls-for-legalization-of-medical-cannabis/

廣橋 大

精神病院に勤める現役看護師。2021年初頭より大麻使用罪造設に向けた動きが出たことをきっかけに、麻に関する情報発信をするようになる。「Smoker’s Story Project」インタビュアー。

Recent Articles

世界の大麻合法化状況

現在、大麻はどの地域で、医療用や嗜好用、どのカテゴリーで合法や非犯罪化なのでしょうか?現在の世界の状況をまとめております。

ハワイ州議員、嗜好用大麻合法化法案を提出

ハワイ州では、2022年11月の選挙で大麻反対派のデビッド・イゲ氏に代わり、大麻改革派のジョシュ・グリーン氏が州知事に就任。このような追い風の中、以前から嗜好用大麻の合法化に向け活動し...