フルスペクトラムCBD、その他のCBDよりも難治性てんかんの発作を減少

フルスペクトラムCBD、その他のCBDよりも難治性てんかんの発作を減少

- イギリスのケースシリーズ

12月20日、難治性てんかんの子どもに対し、少量のTHCを含んだフルスペクトラムCBD製品がそれ以外のCBD製品よりも高い効果を示したことがイギリスの研究者らにより報告されました

今回の研究はイギリス国内において、大麻ベースの医薬品(CBMP)による治療を受けていた18歳未満の難治性てんかんの子どもの臨床経過(追跡期間の中央値:12ヶ月)から、CBMPの有効性や安全性を評価したものです。

35名が解析対象となり、平均年齢は9.7歳。34.3%がレノックス・ガストー症候群やドラベ症候群などのてんかん症候群、25.7%が遺伝子に起因するてんかん、残りの40%は原因不明のてんかんを有していました。

てんかん発作の種類として多かったのは全般発作(60%)で、それ以外に複雑部分発作(14.3%)、単純部分発作(8.6%)など(※発作の種類について詳しく知りたい方は、こちらの記事の「てんかん発作の種類」をご参照下さい)。

使用されたCBMPはオイルベースのものがほとんどで、ドライフラワーを使用した人はいませんでした。

19名がCBD単体、12名がCBDブロードスペクトラム、4名が少量のTHCを含んだCBDフルスペクトラム製品から治療を開始。CBD単体で十分な効果がなければCBDブロードスペクトラム、それでも効果がなければCBDフルスペクトラムに治療が変更されました。

最終データの抽出時点で、4名がCBD単体、14名がCBDブロードスペクトラム、17名がCBDフルスペクトラム製品を使用。投与量の平均はCBD単体で14.1mg/kg/日、CBDブロードスペクトラムでCBD5.7mg/kg/日、CBDフルスペクトラムでCBD8.7mg/kg/日・THC0.4mg/kg/日となっていました。

全体としてCBMPの使用により、65.7%で50%以上の発作減少、37.1%で90%以上の発作減少、11.4%で完全寛解が認められました。

製品別で見てみると、50%以上の発作減少が認められたのはCBD単体で31.6%、CBDブロードスペクトラムで17.6%であったのに対し、少量のTHCを含んだCBDフルスペクトラムでは94.1%で、それ以外のCBD製品との間で明らかな有意差が認められました。

なお、CBMPによる治療が開始される前に服用中だった抗てんかん薬の種類の中央値は7種類(3〜15)で、最終データの抽出時点では2種類(1〜4)にまで減少。CBMPと併用されたものとして多かったのはクロバザム(48.6%)、バルプロ酸ナトリウム(31.4%)、ラモトリギン(14.3%)でした。

副作用は全体で16名から26件報告され、約85%が軽度から中程度のもので、その大部分が疲労感(53%)でした。重度なものとしては食欲低下、体重減少、吐き気が1件ずつ挙げられました。なお、CBDフルスペクトラムとそれ以外のCBD製品との間で副作用の発現率に有意差は認められませんでした。

今回の研究では難治性てんかんの子どもに対し、CBDフルスペクトラムが他のCBDよりも発作に効果的であることが示されました

しかし研究者らは、サンプルサイズが小さいこと、プラセボなど比較対象がなかったことなどから、今回の研究で有効性を判断することはできず、今後の研究につなげていくものとして解釈すべきとしています。

また、CBMPは子どもにおいて短期的には忍容性が高いと考えられますが、長期的な影響は不明なままであり、これについては引き続き懸念される事項であると述べています。

廣橋 大

精神病院に勤める現役看護師。2021年初頭より大麻使用罪造設に向けた動きが出たことをきっかけに、麻に関する情報発信をするようになる。「Smoker’s Story Project」インタビュアー。

Recent Articles

世界の大麻合法化状況

現在、大麻はどの地域で、医療用や嗜好用、どのカテゴリーで合法や非犯罪化なのでしょうか?現在の世界の状況をまとめております。

ハワイ州議員、嗜好用大麻合法化法案を提出

ハワイ州では、2022年11月の選挙で大麻反対派のデビッド・イゲ氏に代わり、大麻改革派のジョシュ・グリーン氏が州知事に就任。このような追い風の中、以前から嗜好用大麻の合法化に向け活動し...