新型コロナウイルス感染によりカンナビノイド受容体の発現量が増加することが明らかに

新型コロナウイルス感染によりカンナビノイド受容体の発現量が増加することが明らかに

2022年5月7日、新型コロナウイルスの感染によりカンナビノイド受容体の発現量が増加していたことが、イランの研究者らにより報告されました。

新型コロナウイルスは現在も猛威を奮っているウイルス感染症ですが、糖尿病などの基礎疾患を有する人では感染が重症化しやすいと言われています。

大麻は主にカンナビノイド受容体(CB1受容体CB2受容体)を始めとしたエンドカンナビノイドシステムに作用することで医療効果をもたらすことで知られており、これには免疫や代謝を調節する作用も含まれています。

今回の研究は、新型コロナウイルスの感染とカンナビノイド受容体との関係を調べること、さらにその中でも糖尿病を持つ人と持たない人で差があるのかを調べることを目的としました。そのため、研究対象者は以下の8グループでそれぞれ選抜されました。

・糖尿病のある新型コロナウイルス感染者(軽度、中等度、重度の3グループ)
・糖尿病のない新型コロナウイルス感染者(軽度、中等度、重度の3グループ)
・糖尿病のある新型コロナウイルス非感染者
・糖尿病のない新型コロナウイルス非感染者

各グループで10名ずつ、合計80名が研究に参加しました。血液検査を実施し、血球からカンナビノイド受容体の遺伝子を抽出することで、カンナビノイド受容体の発現量が調べられました。さらにそれらのデータを統計的に分析することで、それぞれのグループにおけるカンナビノイド受容体の発現量の有意差が評価されました。なお、新型コロナウイルス感染者のカンナビノイド受容体の発現量を調べた研究は、これが初めてとなります。

その結果、新型コロナウイルス感染者は非感染者と比べ、カンナビノイド受容体(CB1受容体CB2受容体)の発現量が増加していることが明らかとなりました。主にこの差は、重度および中等度の感染者と非感染者との間で認められました。つまり、新型コロナウイルス感染の重症度が高いほど、カンナビノイド受容体の発現量が増加していたということになります。

新型コロナウイルスに感染したグループ内では、糖尿病のある人とない人との間で、カンナビノイド受容体の発現量に顕著な差は認められませんでした。ですが糖尿病のある新型コロナウイルス感染者(重度)と糖尿病のない新型コロナウイルス感染者(中等度)、糖尿病のある新型コロナウイルス感染者(中等度)と糖尿病のない新型コロナウイルス感染者(中等度)といった一部のグループ間で、CB2受容体の発現量に統計的に有意な差が認められました。

この結果を受け研究者らは、新型コロナウイルスの病原性にエンドカンナビノイドシステムが関与している可能性があると結論づけ、新型コロナウイルス治療におけるカンナビノイドの有効性を研究していくべきだと述べています。

2021年9月に同国において公開された論文では、新型コロナウイルス感染者200名を調べた結果、CB2受容体の遺伝子の変異が新型コロナウイルス感染の重症化を招きやすいことが示されています。

廣橋 大

精神病院に勤める現役看護師。2021年初頭より大麻使用罪造設に向けた動きが出たことをきっかけに、麻に関する情報発信をするようになる。「Smoker’s Story Project」インタビュアー。

Recent Articles

大麻成分CBDA、肥満症に対し有効性を示す

2022年5月17日、CBDA(カンナビジオール酸)が肥満症に対し有効性を示した論文が、イスラエルの研究者らにより公開されました。 近年、世界的に欧米食中心の食生活が広まり、加えて技術進...

CBDが新型コロナ重症化を早期から抑制か

2022年5月16日、CBD(カンナビジオール)を主成分とした大麻抽出物「CBD-X(詳しくは後述)」が新型コロナウイルス感染による重症化を早期から抑制する可能性を示した論文がイスラエルの研...

光線力学的療法(PDT)とCBD

日本人の死因の第一位となっている、がん。 がんの主な治療は手術、化学療法、放射線療法ですが、これらの標準治療には侵襲や副作用がついて回り、高齢者では治療を受けるのが難しい場合があ...